写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットワールドは3月30日、「ニフティクラウド」のサービス基盤にネットワーク仮想化ソリューション「VMware NSX」(NSX)を導入したことを発表した。

ネットワールドは、今回、NSXを選定したポイントとして、API連携の充実などにより運用効率性が高く、柔軟なスケーラビリティがあり、ハイパーバイザーに近い部分でフィルタリングを行うアーキテクチャーにより物理ネットワーク機器と比較しても遜色無い高パフォーマンスを発揮できることなどを挙げている。

ニフティは、2015年から「ニフティクラウド」基盤への導入に着手し、新規構築する環境から段階的に適用を開始し、2016年度中には既存環境の移行も完了する予定。なお、「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud Air Technology」には既にNSXが活用されている。

ネットワールドでは、日常的な運用業務でもNSXの導入メリットは大きく、例えば通信に問題があった場合、NSXやvSphereの新機能を利用することで、迅速に原因の切り分けや特定が可能となり、作業工数は以前の1/5以下に削減されたとしている。

(辻)