ユナイテッド、今夏にロホを売却か

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドがアルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(26)の売却を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

▽2014年の夏にスポルティング・リスボンから推定移籍金1600万ポンドでユナイテッド入りしたロホは、センターバックや左サイドバックとしてプレー。これまでに公式戦45試合に出場してきたが、期待されたようなパフォーマンスを見せることができていない。

▽そのロホに関して、ユナイテッドは今夏に他クラブからオファーが届けば、それを考慮する構えだという。伝えられるところによれば、来季にルイス・ファン・ハール監督から指揮官が交代する可能性があるユナイテッドは、いずれにせよビッグネームの獲得に向けて大胆な放出を予定している模様。その放出候補の筆頭がロホであるとされている。

▽なお、ユナイテッドが獲得を狙っている選手として、ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンと、今夏にフリーになるパリ・サンジェルマンのFWズラタン・イブラヒモビッチの名前が挙げられている。