29日、試合に負けたNBAチームが日本人に謝ったツイートが話題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年3月29日、全米プロバスケットボール協会(NBA)の中国版ツイッター公式アカウントによると、日本人バスケットボールファンがトロント・ラプターズの試合会場で「仕事を頑張ってお金をためて、6860マイル離れたところからラプターズの試合を見に来た」と英語で書いた紙を掲げた。

残念ながらトロント・ラプターズは試合に負けたが、これを知ったチームが公式ツイッターで「ごめんなさい」と日本語と顔文字でツイートし、中国で話題となっている。

中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「素晴らしいチーム」
「ラプターズはチケットを進呈すべきだ」

「ファンに優しい」
「少年は残念だったろうけど、このツイートは優しいね」
「中国のサッカーチームとは大違いだ」

「それにしても、日本にはこんな熱狂的なラプターズファンがいるのか」
「遠く離れたカナダまで応援に行くとは、これこそ共産主義インターナショナルよ」
「ガールフレンドがトロントにいるんじゃないの?」

「中国人ファンなら、どうだったろう」
「この顔文字?もいいね」(翻訳・編集/岡田)