神出鬼没のグラフィティーアーティスト、UFO907の展覧会が東京・目黒で開催

写真拡大

グラフィティーアーティスト、UFO907(ユーエフオーナインオーセブン)の展覧会「UFO coming to town」が、2016年4月22日(金)から4月30日(土)まで、東京・目黒区のギャラリー「VOILLD(ボイルド)」で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

独特のUFOモチーフをニューヨークのあらゆるところに残しているUFO907。20年以上に渡って街中に出没しており、国内外で沢山のファンを魅了している”現役”グラフィティーアーティストだ。

一度見たら目に焼き付くオリジナルのUFOモチーフは、長い年月をかけて形状的にもスタイル的にも進化した彼の代名詞。シンプルなUFOから擬人化され目のついた宇宙人へと姿を変えながら、神出鬼没に現れる。

本展では、新聞や地図をはじめとする様々なマテリアルにペインティングを施した平面作品を中心に展示。また、展示作品、ステッカーなどのオリジナルグッズも販売される予定だ。

【開催概要】
UFO907 展覧会「UFO coming to town」
開催期間:2016年4月22日(金)〜4月30日(土)
開廊時間:12:00〜20:00 ※会期中無休
入場料:無料
会場:VOILLD(ボイルド)
住所:東京都目黒区青葉台 3-18-10 カーサ青葉台 B1F
アクセス:東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」出口より徒歩 12 分 東急田園都市線「池尻大橋駅」東口より徒歩 8 分
■オープニングレセプション
開催日時:4月22日(金) 18:00〜21:00
※来日する作家が在廊予定