30日、韓国メディアによると、北朝鮮は29日、東部の元山付近から北東方向の内陸に向け、短距離飛翔体を発射した。北朝鮮が地上にロケットやミサイルを発射するのは異例のこと。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月30日、韓国・朝鮮日報によると、北朝鮮は29日、東部の元山(ウォンサン)付近から北東方向の内陸に向け、短距離飛翔(ひしょう)体1発を発射した。北朝鮮が海上ではない地上にロケットやミサイルを発射するのは異例のことだという。

韓国の合同参謀部は「北朝鮮が29日午後5時40分ごろ、東側の元山一帯から北東方向の内陸地域に発射した短距離の飛翔体は約200キロ飛んだとみられる」と明らかにした。飛翔体は北朝鮮と中国の国境から60〜70キロ離れた北朝鮮の内陸部に落ちたという。

韓国軍関係者は「北朝鮮が内陸部を狙って発射したのは新型発射砲の精密度を誇示する目的だとみられる」と明らかにした。軍は特に、今回の飛翔体の軌道を南方向に変えた場合、ソウルなど韓国の首都圏を攻撃することができるという点に注目しているという。北朝鮮の祖国平和統一委員会は23日、「大口径多連装ロケット砲が韓国大統領府を一瞬にして焦土化させる準備ができている」などと警告していた。

また、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は31日(現地時間)、米ワシントンで開かれる核安全保障サミットで、日本、米国、中国それぞれと首脳会談を行い、対北朝鮮制裁の協力策などを協議する予定であり、北朝鮮はこれをけん制する目的で飛翔体を発射したのではないかとの分析も出ている。軍の消息筋は「大統領府などを仮想の目標物に設定し、短距離飛翔体で打撃訓練を行った可能性もある」と述べた。政府関係者は「飛翔体が北朝鮮と中国の国境近くに落ちたことから、対北朝鮮制裁に賛同する中国に対する不満を表したとも考えられる」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「朴大統領は(南北経済協力事業の)開城工業団地の閉鎖で金正恩(キム・ジョンウン)を黙らせることができると言わなかった?北朝鮮の挑発がより激しさを増しているのはなぜ?」
「報復を恐れている北朝鮮は絶対にソウルには撃てない」

「ついに始まった…韓国の選挙シーズンが」
「選挙が近づいてきたから、強力なニュースが必要だったのだろう」
「北朝鮮は最近も韓国政府から金をもらってミサイルを発射しているのか?」

「選挙が終わればうそのように静かになる」
「ソウル市民には被害がないように、大統領府だけを攻撃してほしい」

「北朝鮮が本気で戦争を仕掛けてくる時は予告などしない」
「朴大統領は北朝鮮のミサイルが怖くて海外に逃げたのかな?」

「北朝鮮向けの拡声器をフル稼働させて!」
「韓国軍も金正恩打撃練習をしてほしい…」(翻訳・編集/堂本)