伊集院光がTBSラジオから受けた厚遇に驚き ハイヤーで迎えに来る

写真拡大

28日深夜放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、伊集院光が、TBSラジオからの手厚い待遇に驚いたことを明かした。

番組では冒頭から、伊集院が「大沢悠里のゆうゆうワイド」(TBSラジオ)にゲスト出演した際の出来事を話していた。伊集院は4月から、「ゆうゆうワイド」の後番組「伊集院光とらじおと」を担当することになっている。

伊集院は「ゆうゆうワイド」の裏話として「ゲストは家の前にハイヤーで迎えにくるんだよね」と明かした。しかし、この厚遇に対し伊集院は「ビックリ!もう、嫌がらせだよ」と語る。

なんでも迎えに来るとき、ハイヤーは伊集院宅の前の路地をギリギリの幅で入ってきて、猫が多い路地でも、「一匹の猫も引き潰さずにハイヤーが入ってくる」とのこと。

番組側は「7時50分に玄関前でお待ちします」と事前に告げていたそうだが、実際にはその30分前から自宅前で待機する周到ぶりだったとか。このもてなしに伊集院は居心地の悪さを感じたのか、「もう裏口から逃げてやろうかと思うような状況じゃん」と振り返った。

伊集院が聞いた話によると、TBS全体がタクシー会社と契約しており、どのゲストに対してもハイヤーを手配するそうだ。さらに「自分も朝の番組をやるようになったら、朝、毎日家にハイヤー迎えに来るって言うわけ」と明かし、新番組がはじまると毎朝ハイヤーで迎えると申し出られたとか。

一方、TBSラジオの深夜番組ではそのような扱いはされていないらしく、伊集院は驚きの様子で「なに、この夜との差?」と訴えていた。

【関連記事】
伊集院光 ショーンK氏降板に関しての「報道ステーション」の姿勢を疑問視
伊集院光 中卒を自称し怒られた過去「学歴詐称してるんじゃねえよ」
伊集院光が「世の中が『週刊文春』中心に動いちゃってる」と指摘