29日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦が行われ、グループCの中国はカタールに2−0で勝利し、最終予選に進出できる各組2位のうち成績上位4チームに滑り込んだ。写真はカタール戦。

写真拡大

2016年3月29日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦が行われ、グループCの中国はカタールに2−0で勝利し、最終予選に進出できる各組2位のうち成績上位4チームに滑り込んだ。

【その他の写真】

中国は前節終了時点で2次予選突破が厳しい状況だったが、グループHの最終戦で北朝鮮がフィリピンに敗れたため、中国が各組2位同士の争いで4位に入り、最終予選進出が決まった。

中国新聞網は、中国がW杯のアジア最終予選に進出するのは2002年の日韓大会以来だとした上で、「選手やスタッフに感謝したい」との高洪波(ガオ・ホンボー)監督の試合後のコメントを伝えた。

最終予選は9月に行われる。2次予選を勝ち上がった12チームが2組に分けられ、ホーム・アンド・アウェーで総当たり戦を行う。各組上位2チームが本大会の出場権を獲得する。各組3位はアジア地区プレーオフに進出する。(翻訳・編集/柳川)