<ANAインスピレーション 事前情報◇29日◇ミッションヒルズ・カントリークラブ(6,769ヤード・パー72)>
 全日本空輸株式会社(ANA)がメインスポンサーになって2シーズン目。米国女子メジャーは今年もブルーに彩られた「ANAインスピレーション」で幕を開ける。日本色満載のこの舞台に特別な思いを持って臨むのが、2015年度の日本ツアー賞金女王イ・ボミ(韓国)だ。
イ・ボミ、海外メジャーに挑む!写真館で特選PHOTOをチェック!
 今大会出場のために国内女子ツアーは「アクサレディス in MIYAZAKI」から3週間欠場。早々に米国入りすると、移動日はロサンゼルスで妹とショッピングを楽しむなどリフレッシュもして会場入りした。舞台はオフに合宿を行ったパームスプリングス。開催コースのミッションヒルズCCもオフ中にすでに2度ラウンドをするなど、下見も十分にこなしてきた。
 前回の海外メジャーは2011年の「全米女子オープン」までさかのぼるが、当時は「寝て起きても眠かった」と調整に失敗し3日目に途中棄権した。だが、今回は万全のスケジューリングで体調に不安はなし。何よりこの5年間で積み重ねてきた実績と実力に疑いの余地もない。この日はOUT9ホールの調整にとどめたが、「試合が始まってみないとわからないけど、調子自体は悪くないです」と仕上がりに自信を見せた。
 この念入りな調整も、すべては目標とするオリンピック出場のため。だが、“世界一厳しい”ともされる韓国代表争いは、すでに今季国内で初勝利を挙げたにも関わらずシーズンスタート時と変わらず8番目のまま。当面はチョン・インジ、リュ・ソヨン、キム・ヒョージュといったメジャータイトルホルダーがライバルとなるが、ポイント加算の少ない国内ツアーを主戦場とするボミにとっては、今大会の結果がそのまま代表争いを左右することとなる。
 「この試合で勝てなければオリンピックはあきらめたほうがいい」。女王が背水の陣を敷いた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>