中国シャオミ、家電第1弾は「スマート」炊飯器

写真拡大

中国のシャオミが、スマートホームシリーズの第1号となる圧力IH炊飯器を発表した。スマホと連動し、200種類のコメを識別して最適な方法を選択。洗練されたデザインで約150ドルという低価格だ。

「中国シャオミ、家電第1弾は「スマート」炊飯器」の写真・リンク付きの記事はこちら

安価だが驚くほど性能の優れたスマートフォンや手頃な価格のフィットネス・トラッカーで有名な中国のシャオミ(Xiaomi、小米科技)は、「モノのインターネット(IoT)」をターゲットにして、製品の範囲を広げつつある。

シャオミは3月29日(現地時間)、新しいサブブランド「Mi Ecosystem」の初の製品となる圧力IH炊飯器「Mi Induction Heating Pressure Rice Cooker」(MIJIA)を発表した。

いくつかの情報筋によると、シャオミの雷軍(レイ・ジュン)最高経営責任者(CEO)は、東芝やタイガーなどの高機能を備えた(しかも高価な)日本製品に対抗できるような中国製の炊飯器をつくりたいと考えていたという。

シャオミの炊飯器は、圧力と誘導加熱(IH)で米を炊く。999人民元(約150ドル)と、日本の競合商品に比べてはるかに安い。しかしそれだけではなく、スマートフォンに接続できるのが売りだ。

ユーザーが米袋のバーコードをスキャンすることにより、ブランドや品種、生産地に従って最適な方法で米を炊くことができる。現在、このアプリは200種類のコメのブランドを識別できるが、今後もライブラリは拡張される予定だ(リリースによると、加熱方式は2,450種類にのぼる。三洋電機の有名技術者やアップルなどの技術者を招いて開発したという)。

さらに、シャオミ製スマートフォンと同様に、このスマート炊飯器は、見た目にも美しいミニマリスト・デザインで、これが魅力を高めているのは間違いない。

シャオミのスマートフォン以外の製品はこれが初めてではない。「Mi Band」は、そのシンプルなデザインと安価な価格により、中国で爆発的な人気を誇るフィットネス・トラッカーだ。さらにタブレットやスマートテレビ、空気洗浄機、ヘッドフォンも販売している。

Mi EcosystemシリーズがIoT機器だけで構成されるのかどうかは明らかではないが、新しいサブブランドから生まれるすべての製品が、優れたデザイン、最高スペック、高機能でありながら手頃な価格というシャオミの「勝利の原則」に従うと思われる。

スマート炊飯器は4月6日に発売されるが、シャオミのほかの製品と同様に、購入できるのは中国国内のみとなっている。