“パクチー狂”大歓喜! 大量の仰天&絶品“パクメニュー”を食べ尽くしてきた

写真拡大

アジア料理を食べると必ずと言って良い程入っている食材「パクチー」。独特の匂いと味わいにより、人によって好き嫌いが大きく分かれています。
昨今、日本でアジア料理の人気が高まると同時に、パクチー人気も高まっています。

パクチーどっさり! 仰天&絶品“パクメニュー”ギャラリー【写真14枚】

そんな中、名古屋にあるバリリゾートをイメージしたレストランである「バリハイ」の2店舗では、3月25日〜8月31日まで「パクチスト超!満足宣言っ!強烈パクチー祭り!!」を開催中です。

今回は直前に行われたメディアレセプションに参加。強烈すぎるパクチー料理やパクチストの方に取材を行い、パクチーの魅力に迫りました。

「パクチスト超!満足宣言っ!強烈パクチー祭り!!」/
3月25日(金)〜8月31日(水)バリハイ住吉店・バリハイ栄店

パクチーの魅力とは

パクチー。正式な学名はコリアンダーと呼ばれており、中華料理ではシャンツァイ(香菜)という名前で登場します。また、日本料理においては馴染みのない食材ではありますが、中華料理・タイ料理・インド料理・ベトナム料理・メキシコ料理・ポルトガル料理等で幅広く用いられています。

主に、女性からの人気が高いこのパクチー。では、その魅力は何なのでしょうか。

それは、「体に良い」ということによります。
第一の理由がアンチエイジング効果。美肌効果が高く、活性酸素を抑える抗酸化作用は大豆の10倍もあると言われています。

第二の理由がデトックス効果。整腸作用があり、有害ミネラルのデトックス力が高いと言われています。

また、それ以外にも、眼精疲労・口臭などの匂い消し・免疫力向上など、様々な効能を持ち合わせています。

そんなパクチーですが、「パクチーを使えば良いだろう」といった考えで料理に対して少量しか使われていないことも多く、パクチストが真に満足が出来るパクチー料理がなかなかないことも事実。それを受けて、今回の企画がスタートしました。

そしてパクチーの認知度やパクチストの拡大という目的の実現のために、佐賀県武雄市にある江口農園さんが本場タイの種から作る「たけおパクチー」と名古屋のパクチー専門店の草分け的存在である「亜鹿猪〜珍(あかちょうちん)」とコラボしています。

江口農園さんの動画がこちら。

また、イベント当日は東京の世界初のパクチー料理専門店「paxi house tokyo」の店長であり、雑穀アドバイザーでもある牛田うっしぃさんも来席。

途中で開催されたパクチークイズ大会では、商品として「paxi house tokyo」オリジナルのパクチー麺やパクチーコロン、パクチー塩などを提供されていました。

コロンは付けるとパクチーの匂いがふわりと漂います。パクチストならば普段もパクチーの匂いと共にあるべきなのかも?

びっくりパクチー料理の数々

では、本題のパクチー料理をご紹介します。パクメニューが全7種類とパクドリンクが全3種の計10種です。ネーミングもとても楽しい料理となっています。

また、メニュー名の後にはパクLV(レベル)が記載されていますが、これはパクチーをどれ程使っているかを表しています。パクLV(レベル)は1〜5まであり、5が最もパクチーが入っています。

パクドリンク

まず、パクドリンク3種類からご紹介します。飲み物にパクチーが入っているのでとても新鮮で面白かったですよ。

「トムヤムサワー」 パクLV3

筆者が頼んだドリンクがこちら。トムヤムクンに入っているレモングラスやパクチーが入っています。生レモングラスをマドラー代わりにハーブや唐辛子、レモンを潰しながら香りを出しつつ、パクチーをかじりながら楽しい飲みかたが出来る癒しドリンクでした。
また、アルコールとノンアルコールが選べるので、お酒が苦手な方でも飲むことが出来ますよ。

「パクチーモヒート」 パクLV3

特に女子受けが良いイメージのあるモヒートに、「これでもかっ!」というくらいパクチーが入っています。こちらもノンアルコールがあるので、お酒が苦手なモヒート好きさんにも良さそうです。

「パクボール」 パクLV3

こちらも人気のあるハイボールに、がっつりとパクチーが入っています。すっきりした味わいとのことです。

パクメニュー

続いて、パクメニューをご紹介します。「たけおパクチー」は香りが良く、しっかりとした味でとても美味しく感じました。

どの料理にもふんだんにパクチーが使われていたため、パクチストさんが満足できる料理だと思いました。

「パクチーサラダ」 パクLV3

カレー風味の挽肉が使われており、ゴマ油を使用したさっぱりドレッシング。パクメニューの中でも、最も生でパクチーの味わいをしっかりと楽しめる一品でした。

「鮮魚のパクパッチョ」 パクLV2

カルパッチョならぬパクパッチョ。ナンプラー(タイの魚醤)やパクチーの入ったオリジナルパクチードレッシングで食べます。さっぱりとした味わいなので、お酒との相性が抜群。また、パクチーがあまり得意ではない方でも食べやすいため、飲み会では必ず注文したい一品です。

「パクチキ」 パクLV4

エスニック料理といえば、やはりチキン料理。このチキンはただ焼いたのではなく、オリジナルのパクチーソースで焼き上げられており、それをサンチュとパクチーで巻いて食べます。

これぞ「パクチーonパクチー」といった具合で、パクチーやエスニック料理が好きな方にはたまらない料理でした。また、パクチー効果か油っぽさがなく、最近飲み会の胃もたれが気になる筆者には最高でした。

「パク餃子」 パクLV2

青唐辛子入りの餃子をピリ辛ラー油タレで食べます。パクチーがどっさりとのっているので、パクチーと餃子を一緒に食べるとまた美味しく感じます。ちょっぴり辛いので、お酒が進みそうでした。

「豚パク」 パクLV4

豚肉とキノコをパクチーソースで絡めて炒めています。パクチーと合わせて食べるとまた味わいが変わるので飽きない一品です。

「パクベーゼ」 パクLV5

ジェノベーゼならぬパクベーゼ。ジェノベーゼのバジルの代わりにパクチーを使用しています。パクLV5のためたっぷりとパクチーが使われているのですが、不思議とパクチーの臭さがなくなっていてびっくり。パクチーが苦手な方でも美味しく食べられると思いました。若い女性の方だと特に好きそうです!

「パクゴレン」 パクLV5

これまたパクLV5の一品。パクチーと、インドネシア料理のナシゴレンを合体させてネーミングされています。パクチーソースで味付けした緑色の焼き飯に、たっぷりのパクチーにアクセントのトマト。ご飯とパクチー、トマトの相性がばっちりなので、パクチーだけにパクパクと食べ続けてしまいました。パクメニューの中では、筆者イチオシです。

パクチストに話を聞いてみた

会場にいたパクチストの中から、女性Iさん(40代)にお話をお聞きしました。

――パクチーとの出会いは?
パクチーとの出会いは大学時代にホテルの中華料理店でアルバイトをしている時でした。シャンツァイ(パクチー)に油を熱したものをかけた料理を食べて、こんな美味しいものがあるのかと驚き、そこで目覚めました。ただ、当時はパクチーを知っている方は多くなかったですね。

――どれほどまでにパクチーが好きですか。
ベトナム料理を食べる際に、追加でパクチーを頼む程好きです。

――普段どれくらい食べていますか。
家では食べず、外食時に食べています。男性だとパクチーが苦手な方が多いので、好きな方とアジア料理の店に行きます。

――どれくらいまでなら食べられますか。
ご飯に入れるならどこまででも(笑)。油っぽいものにパクチーを合わせると食べると、美味しいのでパクパク食べてしまいますね。

――パクチーの魅力は何でしょうか。
一瞬風味が変わり、食べながら癒されることだと思います。

――今日のパクメニューでお気に入りは。
パクゴレンです。ソースとの相性が良くてとても美味しかったです。

普段何気なく食べている食材パクチー。これほどまでの魅力がありそれによって多くのファンがいること、そしてパクチーの美味しさを今回知りました。

食べることで内面から綺麗になれるパクチーを、バリハリでたっぷりと楽しんでみてはいかがでしょうか。