蓮舫参院議員が乙武洋匡氏の「嘘」を告発「とても残念です」

写真拡大

29日、民進党蓮舫参議院議員が自身のTwitter上で、作家・乙武洋匡氏の「嘘」を告発した。

乙武氏は24日に複数女性との不倫が発覚しており、同日自身の公式サイトにて謝罪文を公開した。一部メディアは、乙武氏が今夏予定の参議院議員選挙に自民党から出馬する方針であると報じたが、こうした騒動を理由として最終的に見送りとなったそうだ。

蓮舫議員は週刊誌の取材で、乙武氏との関係を確認されたという。乙武氏は「週刊朝日」の取材に対して、蓮舫議員との会談について「事実ではありません」と明言したそうなのだ。

しかし、蓮舫議員は「乙武洋匡さんとはこれまでも友人であり、昨年夏以降は私の仲間も交え複数回会食をしました」と、乙武氏の発言が事実と異なると主張する。

そして、「実際に会ったことを『ない』と言うのは嘘ではないでしょうか」と告発した上で、「とても残念です」とコメントしている。
【関連記事】
蓮舫議員 自民党の衆院議員夫妻が希望する育休に反対「全く理解できない」
大竹まことが民主党政権時代の事業仕分けに苦言「蓮舫ダメじゃん」
諸星和己がかつて蓮舫氏を落とせずフラれたと告白「仕分けられてた」