28日、超高層ビルに登って写真を撮ることで有名な写真家が、ソウルに建設中の「第2ロッテワールドタワー」に無断で侵入し、写真を撮っていたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は第2ロッテワールドタワー。

写真拡大

2016年3月28日、韓国・毎日経済によると、超高層ビルに登って写真を撮ることで有名なウクライナ出身の写真家ヴィタリー・ラスカロフ氏(23)が、韓国・ソウル市内に建設中の「第2ロッテワールドタワー」に無断で侵入し、写真を撮っていたことが分かった。

ラスカロフ氏は27日、自身のSNSに第2ロッテワールドタワーで撮ったとみられる写真を掲載した。ラスカロフ氏はドイツのケルン大聖堂や中国の上海タワー、エジプトのピラミッドなど、観光名所の頂上などの立入禁止区域に命綱なしで侵入し、写真を撮ることで話題となった人物。

ロッテ物産は今月初め、ラスカロフ氏が訪韓するとの情報を聞き、ラスカロフ氏を立入統制対象に指定していた。ロッテ物産は「ラスカロフ氏は世界各国の超高層工事現場の危険区域に不法に侵入して写真を撮るという無謀な行為で有名だ。彼を発見したらすぐに身元を確認し、安全状況室に連絡してほしい」との広告文を掲載したが、ラスカロフ氏を防ぐことができなかった。ロッテ物産関係者は「ラスカロフ氏がどのようにしてロッテワールドタワーに登ったのか確認中」とし、「警備員が立っていたにもかかわらず、なぜ侵入できたのか疑問だ」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「すごい人だ。命がいくつあるのだろう?」
「その写真は一体いくらで売れる?挑戦してみようかな」

「いつ倒れてもおかしくないロッテワールドタワーに命懸けで登るなんて…」
「ロッテワールドタワーは爆弾を設置されても気づかないだろうね」
「朴大統領は何のためにテロ防止法を通過させた?国内で最も高いビルに警官も配備しないのか?」

「タワーを宣伝するために黙認したのでは?」
「安全不感症の韓国は世界で最もテロを仕掛けやすい国」
「ロッテワールドタワーの警備員はドアだけを守っているのか?ドア以外にも侵入する方法はいくらでもあるのに」(翻訳・編集/堂本)