中国メディアの第一旅游網はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客が日本の公共交通機関を利用して感じたという「細部まで利用者の立場になって考えられたサービス」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの第一旅游網はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客が日本の公共交通機関を利用して感じたという「細部まで利用者の立場になって考えられたサービス」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本滞在中に新幹線や電車、タクシーなどを利用したことで「サービスの質に対する日本の考え方」に振れることができたと紹介。まず新幹線について、「自由席と指定席」があり、自由席であれば同行者と好きな場所に座れると紹介する一方、一緒に座りたくない場合も自由席ならば自由にできるとし、「これが新幹線の自由席のメリットだ」と紹介した。

 さらに、新幹線には電源用コンセントが設置されていると紹介しつつ、「窓側の足元などにありながらも、利用者の使いやすさが考慮されている」と指摘。当然、中国の高速鉄道でも電源用コンセントが設置されている車両があることを伝える一方、「各座席の裏側のほうにあり、見つけにくいだけでなく、差し込みにくい」と指摘、中国の場合は利用者の立場になって考えられていないと論じた。

 また記事は、各座席には自分が乗車している車両番号のほか、トイレや喫煙車両の位置が書かれていると伝えつつ、こうした細かい点も利用者にとって非常に有益であると指摘。さらに、新幹線では販売スタッフであろうと車掌であろうと、車両に入る際には深々と頭を下げていたと伝え、「自らが乗客にサービスを提供する立場であることをしっかりと認識しているかのようだった」と論じた。

 そのほかにも空港や地下鉄、電車などにおいても、利用者の立場になって考えられた細かなサービスが数多く存在したと紹介。中国でも経済発展によって高速鉄道が建設されるなど、ハードの部分は日本と同等になってきているものの、サービスの質というソフト面においては日本にまだまだ劣っていることを指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)