写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECネクサソリューションズは、最新の脅威に対応したeラーニング教材「標的型攻撃メール対策」の2016年版を4月1日に販売開始すると発表した。

近年、特定の組織や個人を狙った標的型攻撃メールが巧妙・悪質化しており、企業や組織・団体にとって大きな脅威となっている。このような標的型攻撃に対処するには、メール受信者全員のセキュリティ知識と、不審メールを受信した場合の適切な対応スキルが求められるという。同教材では、標的型攻撃メールの基礎知識に加え、不審メール受信の疑似演習により個々人の対応スキル習得を支援する。

これにより、インターネットを利用して、標的型攻撃メール対策の教育をいつでもどこでも受講できるようになる。そのため、集合型教育に必要な会場・講師の手配などの準備作業、セキュリティ教材に不可欠なコンテンツ更新などの負荷が軽減され、コストを抑えて標的型攻撃メール対策の教育を実施可能。受講履歴情報を取得できるため、個人別の受講状況の管理もできる。

同教材はeラーニングの世界標準規格であるSCORMに対応しているため、多様なeラーニングシステム(SCORM1.2形式対応)での利用が可能である。価格は、コンテンツ利用人数50名までが税別月額26万円。なお、動作には別途eラーニングシステムが必要。

(Aries)