写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アクティブコアは3月29日、同社のマーケティング・クラウド・ソリューションである「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」に新機能として、Webと基幹データを統合したプライベートDMPからターゲット顧客を抽出し、顧客ステータスや顧客タイミングに合わせた最適なアプローチを自動化する「DMPオートメーション機能」を搭載すると発表した。新機能を搭載する製品は2016年6月に発売予定だが、既存ユーザーには2016年4月に先行提供する。

同機能は、ターゲットとなる顧客を抽出した後、それぞれの顧客ステータスや顧客タイミングに合わせたシナリオを視覚的に定義・自動実行する「シナリオビルダー」を新たに開発して搭載するもの。

管理画面に従って条件を入力すれば、ターゲット顧客個々に合わせたアクションを自動的に行えるという。また、曜日や時間指定が可能なスケジューリング機能を搭載しているとのこと。

シナリオビルダーでは、ECや通販といった一般消費者向けの事業活動及び、企業・法人向けのB2Bビジネスのいずれにおいても、多様な顧客状況に対してアプローチの自動化を実現するとしている。

同社のこれまでの経験に基づき、効果が出るというシナリオ(「鉄板シナリオ」)を予め準備しているという。

EC/通販オートメーションでは、初回購入やリピーターなど顧客に合わせたアプローチを自動化する。購入後フォロー・シナリオ(EC/通販オートメーション)として、顧客ステータス別にフォロー・シナリオを作成し、ステップ・メール及びWebサイトでレコメンドを行う。カート放棄フォロー・シナリオとして、カートに投入したが購入の無い商品をリマインドし、その後の顧客のアクションによって、購入確率の高い商品レコメンドやリマインドを行うとのこと。

具体的には、Webサイトでの接客やアプリへのプッシュ通知、DMなど、他のサービスとの連携を自動化し、購入に沿ったフォローや別製品のレコメンド、リピーター客へのクロスセルを使ったレコメンドなどを行う。

また、B2Cオートメーションでは、資料請求やカタログ請求、キャンペーン応募など、顧客タイミングに合わせたアプローチを自動化する。 B2Bオートメーションでは、見込み度合いにより提供コンテンツや取得情報を変えて、顧客ステータスに合わせたアプローチを自動化する。

(山本善之介)