かつて「低品質」の代名詞とされた日本製品が今では「高品質」の代名詞となったように、世界的に低品質で知られる中国製品はいつの日か高品質の代名詞となることはできるのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 かつて「低品質」の代名詞とされた日本製品が今では「高品質」の代名詞となったように、世界的に低品質で知られる中国製品はいつの日か高品質の代名詞となることはできるのだろうか。

 中国メディアの寧夏在線はこのほど、中国製品の品質が日本製品にも負けないほどに向上していると主張する記事を掲載。もはや中国製品は安かろう、悪かろうではなくなってきていると胸を張った。

 記事はまず、中国製品は長年「数」では日本製品を圧倒してきたとしながらも、日本製品を圧倒的できるような品質は備えていなかったと指摘。だが近年は中国製品の品質が向上し、ファッションや家電、携帯電話の耐久性は日本製と同様となっていると主張した。

 さらに中国製品の品質が向上したと主張する理由として、国外メーカーの下請けとして技術を身に着けてきたためだとし、中国政府が海外企業の技術を強制的に中国企業に譲渡させてきたことも要因の1つであると指摘。さらに中国製品は今なお価格優位を持つことを挙げ、価格は日本製品よりも圧倒的に安いと論じた。

 確かに中国製の製品は徐々に品質が向上しつつあり、数年前よりも良くなっている印象がある。しかし、それはあくまでも海外市場向け製品の話であることは付け加えておくべきだろう。中国人も中国市場に並ぶ製品を信頼していないことがそれを物語っている。

 現に多くの中国人が日本に来て「爆買い」しているが、彼らが購入する多くが中国製だ。それでも日本や米国の企業が「管理」して生産された中国製品は品質が高いのだ。中国国内では偽物や低品質の製品が珍しくなく、正規の販売店でさえ信頼されていない。中国国内で販売されている中国製品の品質が向上するのはまだまだ先の話になりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)