「きわぴた」構造で、壁ぎわのゴミも吸引! (写真は、「パワーブーストサイクロン PV‐BD700」右はパイプ短縮時)

写真拡大

日立アプライアンスは、サッと使えてパッと置ける、強力パワーのコードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン PV‐BD700」を、2016年4月23日に発売する。

手元のレバーを引くことでパイプの長さを調節でき、スティックにもハンディにも簡単に切り替えられる「サッとズームスティック」を新たに採用。用途にあわせて形を変えられので、フローリングの床や狭いところの奥、階段、クルマのシートなど、いろいろな場所の掃除に使える。また、パッと置ける自立構造を採用。掃除の途中で物を動かす時など、床に寝かせたり、壁などに立てかけたりすることなく、その場に自立させることができる。

「小型ハイパワーファンモーター」と「パワーブーストサイクロン」で、コードレスでも強力パワーを実現。フローリングの溝に潜むゴミまでしっかり吸引するほか、ヘッド幅約28センチメートルのワイドな「自走 スマートヘッド」は、回転ブラシの駆動力で前に進み、手軽な操作で掃除できる。

さらに、ヘッド前側を壁に付けたときに前側から底面へ空気が流れる、新たに開発した「きわぴた」構造で、壁ぎわのゴミも吸引。ヘッドを押したときの吸い込みはもちろん、引いたときに後ろ側にあるゴミも吸い込むことができる独自の「ダブル吸引機構」や、暗い場所も見やすいLEDランプ、ゴミ捨てが簡単な独自の「ごみダッシュ」も採用した。

本体をそのまま立てて置ける充電台や、高いところの掃除に便利な「伸縮曲がるブラシ吸口」、「ふとん用吸口」などを付属。ヘッド部の回転ブラシなどがワンタッチで着脱可能で水洗いでき、ダストケース部もまるごと水洗いできるなど、お手入れも簡単。

色は、シャンパンゴールドとルビーレッド。

なお、強力パワーのコードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン」シリーズのラインアップとして、ループハンドルを採用して用途にあわせて簡単にスティックにもハンディにも切り替えられる「PV‐BD400」も5月下旬に発売する。

色は、シャイニーブラウン

いずれも、オープン価格。