29日、日本で集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が施行されたことを受け、韓国政府は「日本の安保政策を注視していく」との考えを明らかにした。これに関し、韓国のネットユーザーからは不安の声が多く寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月29日、韓国・聯合ニュースによると、日本で集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が施行されたことを受け、韓国政府は「日本の安保政策を注視していく」との考えを明らかにした。

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の定例会見で、「政府は日本の防衛安保政策が平和憲法の精神を堅持し、地域の平和と安定に寄与する方向で透明に行われるべきとの立場を堅持してきた。今後、日本の安保政策を注視していく」と強調した。

これに関し、韓国のネットユーザーからは不安の声が多く寄せられた。

「明らかな憲法違反!」
「日本が時代の流れを把握できず、戦争の道に進んだら、世界は大変なことになる」

「もっと厳しく批判するべきだ」
「注意深く見ているだけ?朝鮮半島が侵略されても同じことを言うのでは?」

「第3次世界大戦が始まってしまう」
「北朝鮮がミサイルを発射したら、『脅威を感じた!』と朝鮮半島に攻め入ってきそう…」

「すべては独島(日本名:竹島)を略奪するためだ。政府はそのことをちゃんと理解しているだろうか?」
「一歩ずつ確実に準備を進める日本は本当に恐ろしい。常に警戒しなければならない存在」
「韓国も早く偵察衛星を打ち上げるべきでは?日本は北朝鮮を理由に朝鮮半島を監視しているというのに…」(翻訳・編集/堂本)