ハリル「これで強くなる」と上機嫌も…エース本田に慢心なし「甘くはない」「しっかり修正」

写真拡大

[3.29 W杯アジア2次予選 日本5-0シリア 埼玉]

 エースの証明だ。2次予選、出場した全6試合でゴールを奪ったFW本田圭佑(ミラン)は、「失点をチームとしてしないことを掲げていた。そういった意味では満足です」と試合を振り返った。

 後半41分、日本代表は前掛かりとなったシリア代表の裏を突くカウンターを発動すると、MF清武弘嗣がドリブルで持ち上がり左サイドのMF香川真司に展開。クロスボールを上げると、目一杯体を伸ばした本田が頭に当てて、勝利を決定づける3点目を奪った。

 ただ、5発快勝という結果に本田は満足していない。前半にオウンゴールで先制するも、なかなか追加点が奪えず、逆にカウンターで何度もピンチを迎えてしまったからだ。「課題を感じた」と本田。「強い相手には、甘くはないので、しっかり修正していかないといけない」と勝って兜の緒を締めた。

 

「満足することなく、さらにチームの勝利のために積み重ねていけたらなと思います」

 9月1日に開幕する最終予選に向けてまだまだ強化が必要だと話す本田。バヒド・ハリルホジッチ監督は「勝ったことは素晴らしい。このことで我々は強くなると思う」と上機嫌に話したが、エースに慢心はない。

 組み分け抽選は4月12日に行われる。


●ロシアW杯アジア2次予選特集