日本代表のアウェイユニは、なぜかパンツの「番号」が異様に大きい

写真拡大

さきほど行われたシリア戦に勝利し、2018年ワールドカップアジア2次予選を首位で通過した日本代表。

7勝1分0敗で勝ち進んだものの、次の最終予選ではさらに激しい戦いが待ち構えているはずだ。

さて、そんな日本代表といえば昨年11月に新しいユニフォームが発表されたばかりだ。

日本代表史上最も濃い青色が使用されており、選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄が正面に配置されている(デザインはこちら)。

ホームユニフォーム、アウェイユニフォームとも各カテゴリで着用されているのだが…実は気になることがあった。

試しに、先日行われたU-23日本代表対U-23メキシコ戦での写真を見てみよう。

あるものが異様に大きいとお感じにかなられないだろうか?

それが何かというと…

そう、パンツの左側に書かれている番号だ。

多くの公式戦ではパンツにも選手の登録番号をつけるルールになっているが、どういうわけか日本代表のアウェイユニフォームのパンツにプリントされている数字は異様に大きいのだ。

他にも見てみよう。


こちらは、1月にカタールで行われたAFC U-23選手権のタイ戦での様子。

パンツの番号がやっぱりデカい。

そうした現象が見られるのは、なにもU-23代表だけではない。

昨年11月に行われたカンボジアとのワールドカップ予選でA代表が着用していたパンツに印字されていた文字も、かなり大きめのものであった。

この写真が非常に分かりやすいだろう。

香川が履いているパンツにプリントされた番号は、胸につけられているものの1.5倍ほどはある。

こちらは、さきほど埼玉スタジアムで行われたシリア戦のキックオフ前に撮影された集合写真だ。

香川や本田、長谷部が履いているパンツに印字された番号は、胸にプリントされてるものとほぼ同じ大きさであることが分かる。

それにしても、アウェイのパンツにプリントされている数字はなんだかテープのようなもので新しくマーキングされたような感じもする。

なぜアウェイモデルだけこのようなことになっているのだろか。もともとそういうデザインなのだろうか、あるいは発注ミスによる一時的な処理?

真相は不明だが、今後も注意深く見ていきたいポイントだ…。