本田、W杯予選6試合連続ゴール…香川のクロスに頭で合わせる

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が29日に行われ、日本代表はシリア代表と対戦。この試合でスタメンに名を連ねたFW本田圭佑(ミラン/イタリア)が国際Aマッチ6試合連続得点を決めた。

 同試合の86分、左サイドから香川が右足でクロスを供給。エリア内でフリーになっていた本田が頭で流し込み、同予選6試合連続得点を挙げた。

 2015年9月3日に行われたカンボジア戦で同予選初ゴールを記録すると、同11月17日に行われたカンボジア戦で5試合連続ゴールを決めて、85年のメキシコ大会予選で木村和司氏が記録した4戦連発を超える新記録を達成していた。