KDDIは29日、「au未来研究所」において、ぬいぐるみ型コミュニケーションツールのコンセプトモデル「Comi Kuma (コミクマ)」を開発したと発表した。

 「Comi Kuma」は、キーボードやボタンを必要とせず、ぬいぐるみを動かすだけでスタンプのやりとりができる新たなIoTコミュニケーションツール。ぬいぐるみには、通信モジュールと12個のセンサが内臓されており、全11種類のスタンプからぬいぐるみの動きに合ったスタンプが送信され、受信したスタンプは胸のリボン部分のディスプレイに表示される。これにより、スマートフォンを使い慣れていない高齢者や子供でも、ぬいぐるみを使って簡単にスタンプを送りあうことができる。

 開発にあたり、少子高齢化が進む秋田県南秋田郡五城目町でユーザートライアルを実施した。その結果、期間中「Comi Kuma」利用の習慣化がみられ、さらに、「Comi Kuma」をきっかけに電話等の直接的なコミュニケーションの機会が増加したという。