新北市消防局提供

写真拡大

(台北 29日 中央社)汐止ロータリークラブ(新北市)は26日、姉妹提携している日本の大分中央ロータリークラブ(大分市)と共同で、救助活動用の安全靴30足(約70万円相当)を新北市政府消防局傘下の消防団に寄贈した。

今回寄贈を受けた消防団は、災害時や山間部での捜索・救助活動の支援を行っているが、関係者によると、安全靴の老朽化が進んでいたという。

(編集:杉野浩司)