29日、網易財経によると、海外の粉ミルクブランドの偽の商品を製造・販売したとして6人の容疑者が逮捕された。写真は粉ミルク。

写真拡大

2016年3月29日、網易財経によると、海外の粉ミルクブランドの偽の商品を製造・販売したとして6人の容疑者が逮捕された。

上海市検察院によると、容疑者らは安価で購入した品質が低い粉ミルクや乳幼児用ではない粉ミルクを、海外ブランドの製品と偽って販売。200万元(約3500万円)に上る利益を不当に得ていたと見られる。偽の粉ミルクは鄭州市、徐州市、長莎市などで販売され、すでに1万7000缶あまりが流通しているという。

中国では2008年のメラミン混入粉ミルク事件以降、国内産の粉ミルクへの信用度が低下しており、海外産の人気が高いということが背景にある。(翻訳・編集/北田)