初優勝した時のパターに戻して3度目の正直V!(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内女子ツアー第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」は韓国の“スマイルクイーン”ことキム・ハヌルがトータル9アンダーで2位に5打差をつけ圧勝で今季初優勝。ここ2試合では最終日にスコアを落とし涙をのんできたが、三度目の正直で栄冠をもぎ取った。
【関連】キム・ハヌルの優勝セッティング
 ハヌルは今週パターを変更。先週まで使っていたものは「2メートル以上になるとコロがりが不安定になる」そうで、コーチと相談の結果、昨年初優勝した時に使っていたオデッセイのミルド・コレクション(プロトタイプ)の投入を決断。「今季で1番パットのフィーリングが良かった」と初日から首位を譲らず完全優勝を達成した。
 最終日は風が強く、多くの選手がスコアメイクに苦しんだが「アイアン(TW727V)の距離感が合っていたので、ピンを狙いにいけました」とオフの間に鍛えたショットと使い慣れたアイアンでバーディを量産。最終日、ただ一人の60台をマークした。
 ハヌルを優勝に導いたクラブとボールは以下の通り。なお、初優勝した時と全く同じセッティングとなっている。
【キム・ハヌルのクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:本間ゴルフ TW727 455ドライバー 9°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD YA55/R/44.75インチ)
3W:本間ゴルフ TW727 FW 15°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD TZ65/SR)
UT:本間ゴルフ TW727 UT 19°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD UT75)
UT:本間ゴルフ TW727 UT 22°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD UT75)
UT:本間ゴルフ TW727 UT 25°
(シャフト:本間ゴルフ VIZARD UT75)
6I〜10I:TW727V
W:本間ゴルフ TW-W 48°
W:本間ゴルフ TW-W 52°
W:本間ゴルフ TW-W 58°
パター:オデッセイ ミルド・コレクション #1(プロトタイプ)
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
今季注目の女子プロたちはどんなクラブを使っている?
ユーザーが選ぶ“ピンが狙える”アイアンはコレ!