撮影:古根 可南子(P.M.A.トライアングル)

写真拡大

AmebaFRESH!とニコニコ生放送で隔週木曜日に配信中の番組「アニメぴあちゃんねる」。2016年3月24日に配信された第84回では、ゲストとして4月20日2ndミニ・アルバム「LUCKY Hi FiVE!」の発売を控えるアニソンシンガー・LiSAさんが出演。

「アニメぴあちゃんねる」LiSAほか画像【38枚】のギャラリーを見る

ソロデビュー作となった「Letters to U」からの5年間を振り返りつつ、「LUCKY Hi FiVE!」発売当日からスタートするライブツアーの話から、初めて1年ほどというキックボクシングを披露するなど、プライベートなトーク&パフォーマンスに、前田玲奈さん、秦佐和子さん、タカオユキさん、美濃部達宏さんたちレギュラーメンバーも驚きを隠せない様子でした。

「イチ、ニ、サン、マエダーー!!」というレギュラー陣声を揃えてのコールで本番スタート。当日は屋外からも観覧可能なサテライトスタジオでの公開生放送となり、いつもと違うスタジオでの配信に、メンバーもいつも以上に気合いが入ります。

冒頭、外からも見えるオープンな場を使って、“お互いのココを直してほしい”というぶっちゃけトークを展開することになった前田さん、秦さん、タカオさんの3人。

「聞いたほうがいいのかわからないひとりごとが多い」(前田さん)、「初めて会ったときからすごいひとりでしゃべってて、最近は慣れてきた」(タカオさん)と言われ、「寡黙なほうだと思ってた。でも、2人が話してくれれば……」と返す秦さん。

そんな秦さんは、「おいしくないけど食べられる、中途半端!」と、最近のタカ弁を一刀両断。美濃部さんも「“下の上”だったら、“下の下”のほうがいいんだよ」と、味ではなくニオイ(くさい)のリアクションが多くなったことに、疑問を感じているようです。

一方、タカオさんから前田さんへのぶっちゃけは、「私の歌のまねが似すぎている件」というちょっと変わった内容。実際に前田さんが披露すると、他のメンバーはもちろん、視聴者からも「似てる!」の反応が相次ぎ、「私が風邪をひいたら代役で」と、タカオさんからもお墨付きをもらうほど。ファンとしては、代役ではなく、共演に期待したいですね。

吹き替えを担当した「ミニオン」は日増しに増殖中

溜まっていたものを出してすっきりデトックスしたところで、ゲストのLiSAさんが登場。これまで2014年、2015年と毎年出演し、準レギュラーといっても過言ではないLiSAさん。早速、お気に入りの家電の中からホームベーカリーを紹介。本当に使っているのか疑念を抱かれつつも、「使ってますよ!」と必死に否定していました。

LiSAさんといえば、大のミニオン好きとして有名。過去の出演でも、映画『怪盗グルー』シリーズに登場する謎の生物、ミニオンのグッズを披露しています。

今回は、前回以上に増えたというグッズを紹介。自身も吹き替えを担当した『ミニオンズ』(2015年)の公開後、「日本でもたくさんのグッズが手に入るようになった」とご満悦。「自分が家にいないときに、グッズたちが遊びまわっているんじゃないか」という妄想が捗っているそうです。

因縁のゲームコーナーは三度目の正直なるか!?

プライベートなトークに続いて、配信前日に発売された「Letters to U」のアナログ盤の話題へ。デビューアルバムを5年ぶりにリリースするとあって、「ジャケットはCDのままだったりするので、当時の思い出がよみがえる」(LiSAさん)と感慨もひとしお。「世の中の人が誰も自分を知らないなかで、ひとりでつくらなくちゃいけないと思って。すごく大変だった記憶がある」。

ここで1曲目に収録されている「Believe in myself」の歌詞を、LiSAさん自ら読んでみることに。恥ずかしそうなLiSAさんの一方、聴き終えて即座に「泣きそうですよ……」とつぶやくレギュラー一同。「絶対ウソでしょ!!(笑)」と照れ隠しするLiSAさんがかわいい一幕でした。

デビューからの5年間で、「たくさんの仲間が増えた」というLiSAさん。2ndミニアルバム、そしてライブツアー「LiVE is Smile Always〜Hi! FiVE〜」の“Hi FiVE”は、ハイタッチを意味しているとのこと。

「5年経って、自分はもうひとりじゃない。だからこそ、みんなと祝える。(2ndミニアルバムに)収録された曲はみんなで楽しめるものばかり」と、音源とそれが披露されるライブ、両方が楽しみになってきますね。

力強く意気込みを語るLiSAさんですが、番組恒例のゲームコーナー(けん玉)になると「イヤです〜!!」と一気にトーンダウン。実は、過去2度の出演で、両方とも失敗しているという事実が……。

事前に“師匠”こと秦さんがお手本を披露。毎度のことながら、皿の上に玉を乗せる一切無駄のない動作に、達人感を抱いてしまうのは筆者だけでしょうか。いよいよLiSAさんのターン。すでに持ち方が危なげでしたが、案の定失敗。呆然と立ち尽くすLiSAさんと笑顔にあふれるレギュラー陣とのコントラストが印象的でした。

タカ弁の第一人者からすべての水分を奪ったセキセイインコ

番組後半には名(迷)物企画「タカ弁」。LiSAさんがタカオさんの手づくり弁当を……手づくり弁当に挑戦します。今回は季節にぴったりなその名も「桜の木の下弁」。前回の衝撃的なマイクロフォンに比べて、カラフルで鮮やかな見た目に、(披露された段階では)「かわいい!」と笑顔が絶えません。

パンづくりにハマっているLiSAさんのために、自分もパンを焼いたというタカオさん。一見、ハンバーグのような茶色い物体を指差し、「ここ……パンなの……?」と、一瞬でLiSAさんの表情から笑顔が消えます。

その後も「人参みたいにみえる桜の花びらはアーモンド」「鳥の巣があって、セキセイインコもいる」「ごはんは芝生だから緑」などなど、弁当とは思えないタカオさんの説明が続いたのち、実食です。

毎回、ゲストが試食している「タカ弁」ですが、その試食したゲスト第1号だったLiSAさん。今回はどんな評価が飛び出すのかと、注目が集まるなか第一声は「カタイ……」でした。どうやらパンがかたくなってしまったようですが、味に関しては、「ココアパウダーは入れないほうがいい」(LiSAさん)ようです。

続いてレギュラー陣も食べていきます。口に入れた瞬間、「アァァァァァァァァァ〜〜〜〜ッ!!」と絶叫する前田さんを皮切りに、「パッサパサ。古い味がする……昭和」(秦さん)、「まっずい、フェルト!」(美濃部さん)、すると即座に「確かに食感はフェルトっぽい」と秦さん。このコンビネーション、いいですね。

そうこうしているうちに、LiSAさんに用意された水がほとんどなくなっていました。冷えてかたくなったパンに、かなりの水分を奪われていたようです。

今回の評価:-5点
タカオユキ「口にしたことのないもので表現するのやめてください!」

プロも評価するLiSAさんはさしずめキックの鬼

21時30分からは、チャンネル会員(有料)限定のニコニコ生放送。ファッションチェックに続いて、2ndミニアルバムに収録された「Hi FiVE!」「Psychedelic Drive」の歌詞を公開。前田さん、秦さん、タカオさんの3人が、一部抜けている歌詞の穴埋めに挑戦しました。結果はお察しの通り、珍回答の連続です。

「Hi FiVE!」のミュージックビデオについてのエピソードを挟みつつ、続いてはお待ちかねのキックボクシング披露。LiSAさんのスパーリング相手として、J-NETWORK ライトヘビー級王者のK-1選手・木村秀和さんが登場しました。

木村選手を相手に、リズムよくキックとパンチを繰り出すLiSAさん。特に、事前練習でも木村選手から高評価だったキックのキレが抜群。ミットに当たるたびに、重そうな音を放っていました。

ニコニコチャンネル会員向けプレゼント

今回、ゲストとして登場したLiSAさんの直筆サイン入りポスターをプレゼント! 応募条件はニコニコチャンネルの有料会員限定。締め切りは4月1日(金)11時となっています。

今回の放送のタイムシフト視聴も実施中。期間限定なので、お早めにチェックを!

次回、「アニメぴあちゃんねる」第85回の配信は4月7日(木)、お楽しみに!

アニメぴあチャンネル

AmebaFRESH!:20:00〜21:30

ニコニコ生放送:20:30〜22:00(チャンネル会員向け/無料放送枠あり)

【出演者】レギュラー:秦佐和子・前田玲奈・タカオユキ MC:美濃部達宏 ゲスト:???

公式Twitter