今泉 清氏に聞く『日本ラグビーの現在・過去・未来』(前編)

 昨秋のワールドカップ(W杯)イングランド大会での日本代表の健闘以来、日本ラグビーが盛り上がっている。国内シーズンを終え、日本からサンウルブズが初参戦した世界最高峰リーグの『スーパーラグビー』も2月、幕を開けた(サンウルブズは3月26日、ブルズに惜敗して開幕4連敗)。日本代表のヘッドコーチ(HC)もエディー・ジョーンズ氏からジェイミー・ジョセフ氏に変わり、2019年W杯日本大会に向け、日本ラグビーが飛躍しようとしている。

 そこで独自の視点を持ち、ラグビー界の「理論派」として通る元日本代表の今泉清さんに日本ラグビーを語ってもらった。現役時代のプレーのごとく奔放で、歯に衣着せぬ48歳の語りは熱く、深く、そして示唆に富む。題して、『日本ラグビーの現在・過去・未来』――。

―― まず、W杯の日本代表のレガシー(遺産)は何だったと考えますか?

今泉清氏(以下:今泉):正しい準備の大事さですね。それと自信です。「俺たちは世界でも戦えるんだ」という自信です。世界に対しても、ラグビー伝統国以外の国々の人たちもラグビーができるということをアピールできました。だから、イギリスの新聞が「日本の中3日の試合はおかしい」と書いてくれたのです。日本の活躍はW杯のスケジューリングにも一石を投じました。

―― 日本ラグビーとしては、昨年のW杯で1勝もできていなかったら、きっと大変でした。

今泉:ええ、南ア戦で大負けしていると、もう日本は再生不能だったでしょう。よみがえることができなくなっていましたよ。日本チームだって同じ人間で、できるんだということを示した意義は大きいと思います。

―― エディー・ジョーンズHCが日本に残したものは何でしょう?

今泉:エディーがやったんじゃなく、エディーたちのスタッフがやったんです。選手がやったんです。エディー(ジャパン)には日本人や外国人のスタッフも関わった。そのやったことをレガシーとして、ちゃんと共有しないといけません。

 海外から見ると、"日本"が結果を出したんです。それが国内だとエディーだから、やれたんだというふうになっています。特別扱いになっています。それは違う。誰が聞いてもわかるように、エディーの持論を万人の理論、万人が理解できる理論に変えないといけない。エディーの方法論を日本全体で共有しないといけません。それが今後の育成につながるんです。

―― エディーさんの本や、日本代表の本は巷に出ていますけど。

今泉:出てはいますけど、「お前ら(皆さん)本を買って、勝手に読んで下さい」じゃダメなんです。エディーがやったことを"準備力"としましょう。"計画力"といってもいい。勝っても負けても、どうやったかを継承していかないといけない。ちゃんと高校の先生レベルまで、わかるように伝えていくことが大事なんです。実際、今の高校の先生たちの多くは無計画ですよ。

―― 確かにエディーさんの準備力はちゃんと言語化されていません。

今泉:試合の1年半前に南アフリカと戦うと決まって、ぶちあげたのが"Beat the Bok's"(南アを倒せ)ですよね。日本のほとんどの人々が最初は『南アに勝てるわけがない』と思ったでしょう。「日本代表のHCだから、それくらい目標を掲げなきゃカッコ悪いですよね」と。

 それが「ひょっとしたら勝てるかもしれない」、「勝てそうだ」、「絶対、勝てる」に変わっていくわけです。それはBeat the Bok'sと言葉にして口に出すことでその気になるんです。つまり勝てそうな気がしてくる。これが準備力です。スケジュールの賜物ですよ。

 その都度、成長に合わせて試金石のように試合を入れていった。結果が出なかったら、途中で軌道修正していたでしょう。何を捨てて、何に特化するのか。要は選択と集中を繰り返していたわけです。

―― そういえば、エディーさんは最後の記者会見で、大学中心の日本ラグビーの現状に危機感を示し、根底を改革しなければ、2019年W杯大会でのベスト8入りは不可能と言いました。エリート育成と一貫指導体制を作れとハッパをかけました。

今泉:(パナソニック監督の)ロビー・ディーンズも似たようなことを言っていますよ。今回、スーパーラグビーで日本に来たライオンズには、20歳ぐらいの選手が何人もいたでしょ。日本はどうです? 向こうでは明らかにスーパーラグビーが代表強化の登竜門になっているんですよ。代表として、新しいディフェンスシステムや攻撃の仕組みをやろうとする時、このスーパーラグビーで試験的にやっていくんです。サンウルブズの試合を見て思ったのは、まだ"慣れていない"ということです。

―― 世界レベルの試合への慣れですか?

今泉:そうです。W杯に出た選手たちは通用していました。でも、W杯に出ていない選手は彼らと差があるんです。国内のトップリーグでやっていても、高いレベルに慣れてない選手もいます。トップリーグでもそうです。大学を卒業して企業に入った時、平均すると3年間近く使いものにならない。25歳からトップリーグで使えるとなると、正味、30歳までの5年間しか使えません。

―― つまりエディーさんの指摘通りということですか?

今泉:まったくその通りです。僕はサッカーのJリーグのように大学生が(トップリーグに)入ってやってもいいと思っています。結局、高校ではうまいのに、大学になったら下手になる。申し訳ないですけど、大学を卒業して、すぐにトップリーグで使えるような選手を育成しているのは、2、3校ですよ。帝京大と東海大と......。大学名はやめときましょう。いずれにしろ、これを変えなきゃいけません。

―― では、大学ラグビーの有り様が悪いと......。

今泉:いえ、大学のシステムは悪くないんです。いいんです。ただ、トップレベルの選手はもっと上でやれるようにしたほうがいいと思うんです。例えば、早稲田は部員が150人ぐらいいます。実際、試合に出るかどうかの選手は30人ですよ。残り120人は、「4年間頑張りました」で終わるわけです。もっと上でプレーできる選手が上のレベルに上がれば、その分、もっと多くの選手が学生の上のレベルでプレーできるようになる。1本目の試合に出られなかった選手が、1本目に入ると急に成長するようなケースもあるんです。

―― トップリーグへの大学生の参加ですか。

今泉:仕組みとして、いまのトップリーグは外国人枠(同時出場)が2人です。同じように学生枠を2つ作って、「バックス、フォワードは必ず、学生を1人ずつ使いましょう」とするのです。80分間が難しいのであれば、「学生2人が出ている時間を20分は作りましょう」って(いう具合です)。

―― トップリーグのレベルは、どうでしょう?

今泉:これは上がっています。実力もですが、日本が南アに勝った試合を見て、トップリーグの代表以外の選手が、なんだ、彼らにできるのなら、一緒に試合をし、対戦している俺たちにもできるんじゃないかと自信になった。つまり、全体の自信の底上げになったんです。

 また、選手もコーチも海外からいい人がきています。ただ、問題なのは、日本代表もサンウルブズもそうなのですが、6、7(フランカー)、8(No8)、10(スタンドオフ)ってだいたい外国人なんです。ここが肝なんです。いい日本人選手が育たなかったら、ずっと外国選手を使っていかないといけません。だから、17歳、18歳から、高いレベルの練習をさせていけば、20歳ぐらいでは使いものになるかもしれません。

―― 昨年のW杯、日本代表31人中、10人は外国出身者でした。

今泉:それは構いませんよ。世界で勝つためには、世界のスタンダードに達しているかどうかで選んだ結果ですから。要はそうなった日本ラグビーの育成の仕組みです。仕組みを作るのはエディーの仕事じゃない。エディーは代表を勝たせるのが仕事だったわけですから」

―― エディーさんはプロコーチです。エディーさんの指導は"厳しい"と言われましたが。

今泉:自分も20代の時にエディーの指導を受けていて、厳しさは当たり前だと思っていました。反対に日本のチームの選手や監督が、世界の基準を知らないから、「言うことが厳しいよね」となるのでしょう。

―― ところで帝京大の7連覇については、どう思いますか?

今泉:強いところが勝つのは当たり前です。他の大学は、帝京はでかい選手を集めているとか、一日に何食も食べているとか、栄養士さんが付いているとか、自分たちにできないことを挙げて、自分達が勝てない理由ばかりを言葉にしている。そうじゃない。エディーがやったのは、南アフリカに勝てる理由を探して、可能生を広げて、それを作り上げていったんです。他の大学もエディーのように勝てる方法を探せばいいじゃないですか。私から見ると、勝つ気がないんだと思います。

(つづく)

【profile】
今泉 清(いまいずみ・きよし)
1967年9月13日生まれ。大分県出身。大分舞鶴高校から早稲田大学に進学。第3列から、ウイング、フルバックへコンバートされ、早明戦、大学選手権で大活躍。卒業後はニュージーランド留学を経て、1994年サントリーサンゴリアス入団。1995年W杯に出場。2001年、現役を引退。現在はテレビ、スポーツ紙で解説者を務めている

松瀬学●文 text by Matsuse Manabu