米ユタ州「金融犯罪者のデータベース」を公開、詐欺的投資の抑制へ

写真拡大

米国のすべての州には、性犯罪者のレジストリ(記録簿)があり、オンライン公開されている。ユタ州はそれを新たなレヴェルに引き上げ、「金融犯罪者のレジストリ」を公開した。

「米ユタ州「金融犯罪者のデータベース」を公開、詐欺的投資の抑制へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国のすべての州には、性犯罪者のレジストリ(記録簿)がある。ユタ州はそれを新たなレヴェルに引き上げた。同州は、これまでに類を見ない、ホワイトカラー犯罪者(金融犯罪者)のデータベースを公開したのだ。

数週間前にプレヴューが開始されたこのレジストリには、およそ100件の事項が含まれており、顔写真も掲載されている(クレジットカードや保険、税金に関する不正行為、雇用主や友人から金をだまし取った行為や投資詐欺などで有罪になった人々だという)。

ユタ州のショーン・D・レイエス検事総長は同サイトで次のように述べている。「このレジストリは、私が何年もかけて達成しようとしてきたものです。デジタル時代において、情報をさらに入手しやすくすることにより、市民たちが金融犯罪から自らを守るためのさらなる手段がもたらされるでしょう。簡単な検索によって、詐欺的な投資を抑制し、財産を守ることができます」

ただし、このサイトにアクセスすると、「レジストリ免責事項」が表示される。ユタ州は「このウェブサイトの情報が正確で完全であることを保証しない」と伝える内容のものだ。免責事項ではさらに、市民はこの情報を使用して、犯罪者やその家族に嫌がらせを行ったり、脅迫してはならない」とも説明している。

性犯罪に限らず、さまざまな犯罪者のレジストリをオンライン公開する州が増えている。『Wall Street Journal』(WSJ)紙の記事は、以下のように伝えている。

性犯罪者の情報を公開している50州に加え、カリフォルニア州を含む5つの州では、放火犯のレジストリ登録が定められている。ミネソタ州、イリノイ州のほか6つの州には、覚醒剤製造者のリストがある。インディアナ州のウェブサイトでは、Google Mapsを使用して、覚醒剤製造所の場所を見つけることができる。

テネシー州では、動物虐待のレジストリ登録が定められており、他の9州の議会でもそれについての議論が行われている。フロリダ州の法律では、あらゆる種類の重罪判決を受けた人物を、刑罰を終了してから最大5年間レジストリに登録することが定められている。

ユタ州のホワイトカラー犯罪者データベースは今後数カ月にかけて、230人にまで拡大すると見られている。また、2006年以降に金融詐欺の重罪判決受けた人たちも含まれる予定だ。

登録された犯罪者の名前は、初犯の場合は10年間レジストリに掲載される。再び犯罪を犯すと掲載期間が10年間延長され、3回の場合は永久にデータベースに情報が残ることになる。ユタ州の議員たちは、このようなウェブサイトを作成する法案を2015年に通過させている。

関連記事:監視社会の「成果」:殺人犯を逮捕した「自動車ナンバー読み取り技術」