ウィラーコーポレーションは、umari と協働して「オープントップバスの絶景を楽しみながら、その土地の食材を楽しむ」をコンセプトとした2階建てのレストランバスを開発した、と発表しました。

1

レストランバスは「移動」と「食」の融合により、生産者や地域の人々、初めて見る食材、そして 料理との出会いを創造し、旅行者に新たな感動を提供することを狙っています。

動画を見るにはこちら

旅先の大きな楽しみである「食」や「観光」は、地域に広く点在しています。

レストランバスはその点と点を便利につなぎ、さらに、移動しながら美しい景色とともに料理が楽しめ、その土地の旬な食材に出会うことができ、バス旅行の楽しみを演出します。

レストランバスは、1階に料理が作れるキッチンが配備され、2階には乗客25人が着席できる座席とテーブルが設置されています。さらに天井が開閉式の透明な樹脂製の屋根になっており、暖かな天気の良い日にはオープントップで開放的な景色を楽しめます。天候が悪い日には透明の屋根を閉め、景色を楽しみながら快適に食事ができるようになっています。

ウィラーコーポレーションでは、レストランバスを新潟県で4月30日(土)より運行開始します。農園での収穫体験や観光を楽しみながら、地域の食を楽しめるコースを企画しています。

今後は、様々な地域でレストランバスを企画し、食を楽しむ旅行者と食を提供する地方の方々の双方を元気にして地方創生を目指す、としています。

(山内 博・動画・画像:ウィラーコーポレーション)

日本初!2階建てオープントップのレストランバスが発進【動画】(http://clicccar.com/2016/03/29/362467/)