28日、日本は与那国島に初めて陸上自衛隊を配備した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月28日、ロイター通信によると、日本は同日、与那国島(沖縄県与那国町)に初めて陸上自衛隊を配備した。

東シナ海をめぐり、日本と中国は領有権問題で対立しており、沖縄県の尖閣諸島周辺で中国が活発な海洋進出を行っている。これまで、沖縄本島より西の地域には陸上自衛隊はなかったが、今回の配備により、レーダーなどで周辺での中国の船や航空機などを監視が行われることになる。日本がレーダーを設置したことについて、中国国防部はロイター通信に送付した文書で「国際社会は、日本の軍備拡張に厳戒態勢で対応する必要がある」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国が強硬に進出して他国をいじめている。世界はそのことにもっと関心を向けるべきだ」

「中国と日本はすべての歴史問題を解決するために、今すぐ戦争をすべきだ。核戦争になるとしても、戦争すべきだ」

「あらゆる問題を解決するために、世界は中国に対する戦争開始を宣言すべきだ」

「日本は中国と北朝鮮に対抗するために、軍隊を強化すべきだ」

「他のどの国の国防についても中国が腹を立てる権利などない」

「中国を怒らせることは、何であっても私にとってはうれしいことだ」

「中国はいつも何かに怒っているな」(翻訳・編集/蘆田)