28日、米上院財務委員長のハッチ氏はこのほど、韓国が米韓自由貿易協定(FTA)を完全に履行していないことが、韓国の環太平洋連携協定(TPP)加入手続きに影響する可能性があると指摘した。資料写真。

写真拡大

2016年3月28日、韓国・聯合ニュースによると、米上院財務委員長のハッチ氏はこのほど、韓国が米韓自由貿易協定(FTA)を完全に履行していないことが、韓国の環太平洋連携協定(TPP)加入手続きに影響する可能性があると指摘した。環球時報(電子版)が伝えた。

米ワシントンの政界関係者は、ハッチ氏は韓国の駐米大使にあてた書簡で「米韓FTAがおおむね成功する」と評価。しかし、韓国の薬価決定について「透明性、市場開放度、海賊版ソフトの使用、金融情報の海外委託規定など5項目について、まだ問題点が残されている」と指摘した。

ハッチ氏は一方で、韓国のTPP参加を期待すると強調。韓国が米韓FTAをきちんと履行しないと、韓国のTPP参加にも影響すると懸念を示した。関係者によると、ハッチ氏は韓国以外の国々にも同様の圧力をかけているという。(翻訳・編集/大宮)