28日、AFP通信によると、ギリシャ北部イドメニで27日、マケドニアに入国できるとのうわさを聞き付けた難民ら約300人がマケドニアへの入国を求めて集まった。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はギリシャ。

写真拡大

2016年3月28日、AFP通信によると、ギリシャ北部イドメニで27日、マケドニアに入国できるとのうわさを聞き付けた難民ら約300人がマケドニアへの入国を求めて集まった。

ギリシャ・イドメニのマケドニアとの国境地帯で27日、マケドニアとの国境が開くとのうわさを聞き付けた難民ら約300人が集まった。世界各地のジャーナリストや赤十字の職員ら500人とともに難民らが国境を渡れるとのうわさが広がったことが原因だという。現地に集まった約300人の難民らは、ギリシャ警察が監視する中、「移動の自由はすべての人間の権利だ」などのスローガンが書かれた旗を掲げ、マケドニアへの入国を訴える抗議活動を行った。ギリシャからバルカン諸国への国境が封鎖され、欧州連合(EU)に向かうことができなくなった推定1万1500人の難民らについて、ギリシャ当局はイドメニから他の受け入れ施設への移送を始めているという。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「私はトランプ氏の支持者ではないが、こういうことが起こっているから、彼に共鳴する人たちが多いんだ」

「難民たちをすべてシリアに戻すべきだ。そうすれば問題は解決する」

「アフリカに行けば広大な土地があるよ!」

「(ドイツの)メルケル首相がヨーロッパをめちゃくちゃにした」

「EUは難民たちの移動を止めるべきだ。EUの愚かな行為によってヨーロッパの国々の文化は破壊されている」

「なぜ難民たちはトルコやサウジアラビアに行かないんだ?なぜキリスト教国に行こうとするんだ?」(翻訳・編集/蘆田)