専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第47回

 みなさん、ゴルフをやめたくなったことはないですか?

 ルー大柴的に言うと「やぶからスティックに、何を言っとるんだ!」と憤慨する方もいるでしょう。けれど、長いゴルフ人生で、あり得ない大叩きをしたり、あるいは大事な試合で大恥をかいたり、はたまたコースで大喧嘩したりして、"心が折れそう"になったことが、誰でもあると思うんです。そこで、ふと「自分は、ゴルフに向いていないのかなぁ〜」と思ったりもしますよね。

 私も、やめはしませんでしたが、しばらく「休もう」と思ったことがあります。それは、20年前ぐらいのこと。パブリック選手権の予選に出場したときでした。

 練習ラウンドでは、なぜか絶好調で80台をマーク。予選突破ライン(おおよそスコア75ぐらい)まではいかなくても、80台前半ぐらいは出せそうだな、と意気込んでいました。ところが、いざふたを開けてみると、やることなすことすべてが裏目に出て、失意の「100」超えです。

「100」は今でも叩きますが、よりによって大事な試合で出すことないんじゃないの......。しかも、ご丁寧に名前とスコアが書かれた順位表が、クラブハウスに張り出されるのがむご過ぎです......。辛うじてビリは免れ、木村家末代までの恥にならずひと安心......って、小さい男ですみませんね。

 もはや、どこのコースだったか忘れましたが、帰り際に見た桜吹雪が、私の心情を如実に物語っていました。「桜とともに散ろうか」――茫然自失のまま家に帰り、しばらく何もやる気が起きませんでした。

 実際問題、ゴルフほど途中リタイヤが多いスポーツはないのです。知り合いでも、「あの人、最近見ないな」というケースがちらほらあります。

 何で見なくなったのか?

 一番多いリタイヤの原因は、経済的な理由だそうです。ゴルフはなんだかんだ言っても、交通費などを足せば、平日でも1万円を超えるレジャーです。しかも、ギアやウエアも用意しなくてはならない。老後の生活に対して、漠然とした不安を持つ世代は、「今ここでお金を使っちゃマズイ」と思うようです。

 あとは、勝手にニギリをさせられるとか、うるさいオヤジがいて説教ばかり受けるとか、便意をもよおして死に物狂いでトイレを探し、間一髪間に合ったが、こんな思いはもう二度としたくないとか、リタイヤされるみなさんは、さまざまな理由でおやめになるみたいです。

 ともあれ、やめるのは結構ですが、「ゴルフってつまんない」とか「だいたい(ゴルフが)わかったからいい」とか、言わないでほしいのです。ゴルフを語るには、やはりそこそこ腕前が上がって、ゴルフの何たるかを知り、醍醐味を堪能してからにしてほしいですね。

 目安としては、「100を切らずして、ゴルフをやめるなかれ」でしょうか。90台を2回に1回は出せるようになって、それでもゴルフをやめたいなら、どうぞおやめください。でも現実は、90台をコンスタントに出せるようになったら、もう面白くて「女房を質に入れてもゴルフをする」状態になったりしますけどね。

 要するに、「ヘボで始まり、ヘボのまま終わるゴルフ人生」だけは、ご容赦願いたいわけです。

 結局、やめる人は、消費と、搾取と、大叩きの"負のスパイラル"に陥り、何にもいいことがないから、やめるのです。

 逆の捉え方をすれば、ゴルフを継続する人は、「負けず嫌い」と言えましょう。やられたらやり返す。当初ハンデをもらっていたら、ハンデをあげるぐらいの腕前になって、相手を見返してやる。そういうガッツのある人が残ります。

 つまり、ゴルフ場には、現実生活の生存競争がそのまま持ち込まれているのです。だからゴルフ好きは、小金持ちで、わがままな人が多いのです。

 現実生活も競争、ゴルフも競争社会。勝ち上がっていくのは、「たまらなく楽しい!」という方はどんどんやりましょう。一方で、趣味やレジャーは切磋琢磨せず、「のんびりしたい」という方は、温泉めぐりや釣りとかね、そっちに行けばいいだけのことです。

 まあ、50歳を過ぎたなら、スコアを気にしないゴルフをやってもいいですが、若いうちは"勝ち負け"にこだわってほしいものです。とすれば、もうちょっとうまくなりましょうかね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa