28日、朝鮮日報の中国語版は北朝鮮が「中国の圧迫策動を核爆風で打ち砕こう!」と呼び掛けたと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月28日、朝鮮日報の中国語版は日本メディアの報道を引用し、北朝鮮が「中国の圧迫策動を核爆風で打ち砕こう!」と呼び掛けたと伝えた。

記事によると、北朝鮮の朝鮮労働党の指示書に、「全ての党員と勤労者は、社会主義に背く中国の圧迫策動を核爆風の威力で断固打ち砕こう」と題した内容があったという。これは、国連の北朝鮮制裁に中国も賛同したため、北朝鮮が強く反発したものとみられる。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ご主人様にかみつく犬は、いい犬ではない」
「わが国の政府は外国政策で失敗したといわざるを得ない」

「米国に対抗し北朝鮮を援助してきたことが過ちだったと今になってよく分かった」
「中国は庶民からの貴重な税金で恩知らずを養ってきた。これは恥ずべきこと」

「独裁国家が滅びる時は四面楚歌(そか)になっているもの」
「この期に及んで中朝友好を主張する人は売国奴だ」

「韓国メディアはデマ製造の専門家」
「極端な自己中心者だ。これは心理学的には赤ん坊の心理的特徴である」

「核爆弾を北京に落とすことに俺は賛成!」
「目標地点は紫禁城の西側でよろしく。ちゃんと照準を合わせてくださいね」(紫禁城の西側には中国共産党の本部や要人・秘書の居住区などがある)(翻訳・編集/山中)