ベジタリアンは、地球温暖化を抑止できる:研究結果

写真拡大

食肉消費を大幅に削減すれば、環境にも健康にもよいという研究結果をオックスフォード大学が発表した。温室効果ガスを最大3分の2削減、世界全体で約242兆円のコストを節約できる可能性があるという。

「ベジタリアンは、地球温暖化を抑止できる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

オックスフォード大学の新しい研究によると、完全菜食主義(ヴィーガン)食が世界的に広まれば、2050年までに800万人以上の命を救えるほか、温室効果ガスを3分の2削減できるという。

「米国科学アカデミー紀要」に掲載された論文は、未来に関する調査研究を行うオックスフォード大学マーティンスクールの研究チームがまとめたものだ。同チームは、食肉を削減することにより、気候変動関連の損害において、世界全体で1.5兆ポンド(約242兆円)のコストを節約できる可能性もあると主張している。

オックスフォード大学のチームは、4種類の「食料シナリオ」モデルを作成した。現在の食料消費傾向に基づくシナリオ、「適正な」量の果物と野菜のガイドラインに基づくシナリオ、ヴェジタリアンのシナリオ、完全菜食主義のシナリオだ(完全菜食主義は、動物肉や魚介のほか、卵や乳製品も摂らない)。

その結果、食肉消費を大幅に削減する食料シナリオが最大の影響をもたらすことが明らかとなった。

研究リリースによると、食肉なし、あるいは食肉を削減した食生活は、以下のような結果につながる可能性があるという。

「適正な」量の果物と野菜のガイドラインに基づくシナリオの場合、2050年までに510万人の死亡を回避できる。この数字は、ヴェジタリアン食では730万人に、ヴィーガン食の場合は810万人に上昇する。「適正な」量の果物と野菜のガイドラインに基づくシナリオの場合、食料関連の温室効果ガスを29パーセント削減できる。その数字は、ヴェジタリアン食では63パーセント、ヴィーガン食では70パーセントとなる。医療コストのほか、無報酬による身内の介護と、失われた仕事日のコストをまとめると、年間およそ7,000億ドルから1兆ドルの節約につながる。

主任研究者のマルコ・スプリングマンは、次のように述べている。「すべての温室効果ガスの4分の1以上は食料システムに由来しており、したがって、食料システムは気候変動の主要な原因となっています」

2012年には、エクゼター大学の研究者により、世界の食肉消費を半分に減らすことで、「二酸化炭素の量を大幅に低減」できることが明らかになっている。

※週に一度しか肉を食べないことで、死亡率を下げて、自動車の走行距離750億kmに相当する二酸化炭素の排出量を削減することができるという研究結果(日本語版記事)も、ドイツで発表されている。また、牛肉から鶏肉に変えるだけでも、排出ガス量は70パーセント削減できるという研究結果もある。