写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レピカは3月28日、個人情報検出ソフト「P-Pointer」シリーズより、PCやファイルサーバ内に存在する個人情報を含むファイルを検出する機能に、検出後の対処機能を追加した個人情報管理ソリューション「P-Pointer File Security(ピーポインター ファイルセキュリティ)」を2016年4月から発売すると発表した。

P-Pointerは、独自の辞書を用いPCやファイルサーバ内のファイルの中身を高速検索することで、マイナンバーや個人情報を含むファイルを検出するソフトウェア。P-Pointerを利用することで、PCやサーバの意図しない場所にマイナンバーを含むファイルが不用意に保存されていないかどうかを定期的にチェックでき、番号法の順守と適切なファイル管理体制を作ることができるという。

新製品では、PCやファイルサーバ内から検出されたファイルを自動で特定のフォルダに移動したり、削除したりといったフローを管理画面から設定することで、工数をかけず個人情報の管理を行うことが可能。

検出精度と速度が向上しており、個人情報と思われる単語や数列パターンを含むか否かの判定だけではなく、ファイルの保存場所や各種属性(例:時、暗号化の有無)など、より絞り込んだ条件でファイルを検出することができる。これにより、管理者が見つけたいファイルや社内の管理ルールに違反したファイルをより的確に検出して、ポリシーに合った対処を自動で行うことを実現する。

(Aries)