28日、日本メディアによると、AKB48が26日、横浜スタジアムでコンサートを行い、年内に台湾・台北「TPE48」、フィリピン・マニラの「MNL48」、タイ・バンコクの「BNK48」を始動させると発表した。写真は秋葉原のAKB48カフェ&ショップ。

写真拡大

2016年3月28日、日本メディアによると、AKB48が26日、横浜スタジアムでコンサートを行い、年内に台湾・台北の「TPE48」、フィリピン・マニラの「MNL48」、タイ・バンコクの「BNK48」を始動させると発表した。

AKB48は26日、横浜スタジアムで高橋みなみの卒業コンサートを行い、年内に海外で新たに3つの姉妹グループを始動させると発表した。突然の発表に、会場内からは驚きの声があがった。海外の姉妹グループとしては、2011年にインドネシア・ジャカルタに「JKT48」が、2012に中国・上海の「SNH48」が既に活動している。

日本のニュースを扱う英語サイトでも報じられ、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ヨーロッパの姉妹グループを待っているよ。私は英国に住んでいるが、AKB48のコンサートのために毎年、日本に来ている」

「げっ」

「ゾンビとの世界大戦を描いた小説『WORLD WAR Z』に出てきそうな名前だな」

「うっとうしいのはAKB48だけでは足りないということなのか」

「最終的に、すべての人類はAKBのグループに入ることになりそうだ」(翻訳・編集/蘆田)