テリー伊藤の監禁事件への意見を専門家が一蹴「監禁されてない方はそう言う」

写真拡大

29日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、コメンテーターのテリー伊藤が、女子生徒監禁事件に対して意見を述べ、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に即座に否定される場面があった。

番組では、27日に発覚した女子中学生の監禁事件を取り上げた。

埼玉県朝霞市在住の生徒が2014年に行方不明になり、先日東京都内で無事保護された事件で、警察は28日に元千葉大学の男子学生を未成年者誘拐の容疑で逮捕した。この男性は2年間、誘拐した生徒を自室で監禁していたとみられている。

小川氏は事件発生時から、女子生徒の両親を支援していたという。こうした事件の被害者は「監禁されてから、連れ去られてから解放されるまで、毎日自宅に帰りたい、逃げたい」と思っているのだと力説した。

テリーがそこで、監禁場所が「ガラスのある普通のアパート」だったと指摘し、「例えば(犯人が)いなくなっている間に、(ガラスを)割ってでも外に出て大声出せば…」と、生徒が自力で脱出することもできたのではないかと意見する。

すると、小川氏は即座に「監禁されてない方はそう言います」「監禁されたことのない方は簡単にそうおっしゃるんです」とテリーの意見を退けると、監禁被害者は恐怖心のあまり、そうした考えに到底至らないのだと訴えた。小川氏は「犯人が目に見えるところにいなくても、どこかで見られているんじゃないかなという恐怖心が勝ってしまって逃げられない」と説明していた。

【関連記事】
「ビビット」で生活保護受給者のパチンコに賛成多数 テリー伊藤は「何が悪い?」
テリー伊藤が認知症高齢者の識別に提案「認知症シールをはればいい」
テリー伊藤が認知症高齢者の介護問題に提言「老人ホームに入れたらいい」