ジカ熱をブラジルに持ち込んだのは「ワールドカップではない」:研究結果

写真拡大

ブラジルでジカ熱が大流行したのは、2014年6月12日から7月13日にかけて開催されたワールドカップのためではないとする、ウイルスの遺伝子変異分析の結果が発表された。

「ジカ熱をブラジルに持ち込んだのは「ワールドカップではない」:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年6月12日から7月13日にかけてブラジルで開催されたFIFAワールドカップ本大会の期間中、国際サッカー連盟(FIFA)はスキャンダルと告発に揺れていたが、FIFAのせいではなかった可能性が高いことがひとつある。南北アメリカ大陸へのジカウイルスの持ち込みだ。

関連記事:グーグル、ビッグデータで「ジカ熱ウイルスの監視」へ

蚊が媒介するジカウイルスの南北アメリカ大陸における最初の例は、2015年5月にブラジルで記録された。そのため、その前年のワールドカップで世界各国から集まった選手とファンの大集団が、意図せずこのウイルスを運んだのではないかと推測する研究者もいる。

しかし、2016年3月24日付けで『Science』誌に発表された遺伝学の論文によると、ジカウイルスはワールドカップ本大会よりもかなり早い、2013年の5月から12月の期間にブラジルにやって来ていたようだ。

論文によれば、ブラジルはこの時期、フランス領ポリネシアやニューカレドニアといった、当時ジカ熱が流行していた地域からの旅行者が急増していた。この旅行者の急増は、スポーツかどうかを問わず、特定のイヴェントに関連したものではなかった可能性が高いと、この論文では強調されている。

今回の研究では、50人以上の研究者が連携して、ブラジルで発症した複数の患者から7つのウイルス株を分離し、さまざまな時期における9カ国のウイルス株と比較しながらゲノム分析を行った。研究者らはすべてのウイルス株について、互いの関連を精密に示すことができた。また研究データから、ジカウイルスが普通はどれくらいの速さで突然変異するのかを計算できた。この突然変異率を分子的な時計として使うと、さまざまな分離株がどれくらい前に、新たな場所に移るなどして他から分かれたものなのかを推測できる。

論文では、2013年の5月から12月の期間に、南太平洋から運ばれたジカウイルスがブラジルに到着したと推測している。また研究データからは、南北アメリカ大陸で最初にジカウイルスが入った国はブラジルであったことがうかがえる。論文によるとこの時期、ジカウイルスの被害地域からブラジルに向かった旅行者が50パーセント増加していた。