世界各地で中国人旅行客のマナーの悪さが指摘されているが、驚くべきことに日本においてこの状況に変化が生じているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本を訪れる中国人旅行客のマナーに改善の兆しが見えると報じており、さらに中国人旅行客のマナー問題に理解を示そうとする人びとに対しても謝意を表した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界各地で中国人旅行客のマナーの悪さが指摘されているが、驚くべきことに日本においてこの状況に変化が生じているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本を訪れる中国人旅行客のマナーに改善の兆しが見えると報じており、さらに中国人旅行客のマナー問題に理解を示そうとする人びとに対しても謝意を表した。

 記事は、東京・銀座を訪れる中国人旅行客のマナーについて、日本企業の関係者の見解を紹介。同社が経営する店舗だけにとどまらず、銀座全体の状況として「中国人旅行客のマナーが良くなった」という見方を示していると紹介。

 さらに銀座の街づくりに取り組む組織が「中国人旅行客のマナーをどう思うか」という点について銀座の各商店に対してサンプリング調査したことがあると紹介。同調査に対して、中国人旅行客が大声で話しながら歩くことや、商品を購入する前に開封すること、また所構わずタバコを吸うことや列に並ぶルールを守らないことを指摘する声があったことを紹介。それでも「全体的な印象からいえば、中国人旅行客によるマナー違反は減少しており、中国人旅行客のマナーは少しずつ良くなっている」という分析を伝えた。

 また記事は、日本人のなかに中国人旅行客に対して理解を示そうとする人もいると紹介。例えば日本のあるホテル経営者は中国富裕層のマナーが非常に良いという感想を持っていると伝え、中国富裕層の旅行客は日本人の気分を悪くする行為をしてしまった時に、日本人の気分の変化を敏感に感じ取っていると経営者が指摘していると伝え、同経営者が「中国人はみなマナーが悪い」と決めつけるべきではないと主張していると伝えた。

 さらに、日本の一部テレビ番組では中国人旅行客のマナーに対して、「中国と日本では文明の発展の段階が異なっており、マナーの点で違いが生じるのは至極当然のことだ」という見方を示したと紹介。記事は日本のメディアが中国人旅行客のマナーについて文化の違いという角度から理解を示そうと努力を払っていることに感謝を示し、こうした態度は「仕事に対する高度な敬意」の表れだと称賛した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)