画像

写真拡大

 スマートフォン向け動画広告配信プラットフォームを運営するアップシーエムは、総額約1.4億円の資金調達を行った。同資金をもとに、中国・インド進出ならびに国内サービスの拡大を図る。

 スマートフォン向け動画広告配信プラットフォーム「App-CM」を運営するアップシーエムは、複数名の個人投資家、中国のアドネットワークを運営するYeahmobiグループから、総額約1.4億円の資金調達を行った。

 同社の広告配信プラットフォームは、人工知能を活用した配信最適化アルゴリズムと独自の動画再生エンジンが特徴。CTOの八木田 樹氏を中心とした東京大学大学院情報理工学研究科所属のコンピューターサイエンス研究者によるエンジニアチームが開発している。

 同社では今後、調達した資金をもとに、中国・インド進出を視野に入れたグローバル展開のさらなる加速と国内サービスの拡大を目指す。

MarkeZine編集部[著]