画像

写真拡大

 「ニールセン デジタル広告視聴率」の計測対象に、スマートフォン、タブレットが追加された。これにより、PCのスクリーン上に掲載されたデジタル広告に加えて、モバイルデバイス上で掲載された広告のリーチ、フリークエンシー、GRPの計測が可能になる。

 ニールセンは、デジタル広告のリーチ、GRPなどの広告到達効果を計測する「ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」の計測対象に、スマートフォン、タブレットを追加した。これにより、PCのスクリーン上に掲載されたデジタル広告に加えて、モバイルデバイス上で掲載された広告のリーチ、フリークエンシー、GRPの計測が可能になる。

 今回追加された「モバイルデバイスの計測」は、iOS、AndroidなどのOS不問で、ブラウザとアプリ内に掲載された動画広告を含むデジタル広告の計測を行うもの。ニールセン デジタル広告視聴率は、PCとモバイルデバイスのそれぞれ、およびPCとモバイルデバイスの合算の広告到達状況をレポートするようになる。

MarkeZine編集部[著]