26日、中国広東省肇慶市広寧県に住む少年(16)は、鬼の面をかぶり通行人を驚かせたとして警察に身柄を拘束された。

写真拡大

2016年3月26日、中国広東省肇慶市広寧県に住む少年(16)は、鬼の面をかぶり通行人を驚かせたとして警察に身柄を拘束された。

【その他の写真】

同県公安局によると、トラブルが起きたのは午後10時30分ごろ(現地時間)だったため、多くの人が少年のいたずらに驚き恐怖を感じた。通報により警察が出動し、トラブル発生から30分ほどで解決。少年は両親と共に住んでおり、退屈しのぎのためにお面を自作し見知らぬ人を驚かせたという。

住民によると少年が人を驚かせるのは初めてのことではなく、小学校や病院などでも同じような行為を行っていた。少年のいたずらに住民からは、「心臓病の人が被害に遭い万が一の事態が発生したら誰が責任を取るんだ?」と怒りの声も聞かれている。警察は大きな影響が出ていないことから、処分は警告にとどめ、翌日未明に少年を家に帰した。(翻訳・編集/内山)