27日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本で見つけた韓国語の誤訳」と題したスレッドが立ち、その間違いにネットユーザーも盛り上がっている。写真は韓国語。

写真拡大

2016年3月27日、海外に行った時に、街中でクスっと笑える日本語に出会った人も多いかもしれないが、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本で見つけた韓国語の誤訳」と題したスレッドが立ち、その間違いにネットユーザーも盛り上がっている。

最近では、観光地を中心に商品説明に英語や中国語・韓国語などが表記されている自動販売機が増えてきた。先日、大阪城を訪れたというスレッド主は、喉の渇きを潤そうと自動販売機で飲み物を買おうとしたところ、ある韓国語の誤訳を発見した。「微糖コーヒー」の韓国語訳が、なんと「コーヒーが少ない砂糖」と訳されていたのだ。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「一瞬何がおかしいのか分からなくて、何度も読み返した」
「つまり、『砂糖が少ないコーヒー』じゃなくて『コーヒーが少ない砂糖』ってこと」

「誤訳というより、文法的な間違いじゃない?」
「でも、言いたいことは分かる(笑)」

「この前、沖縄に行ってきたけど、誤訳たくさんあったよ」
「ある日本のトイレの韓国語の注意書きでは、『トイレットペーパーは便器に流してください』の『便器』が『兵器』になっててビビった」(翻訳・編集/松村)