東芝のホームページ

写真拡大

 3月19日、証券取引等監視委員会が東芝の「不正会計問題」について田中久雄・前社長を任意で事情聴取したと報じられた。田中前社長が一連の利益水増しについて「違法性の認識」を否定しているとの報道は、少なからぬ東芝社員の怒りを買った。

「1億円以上の報酬をもらっていた経営トップが、責任逃れでいまさら『違法だとは知らなかった』なんて許されませんよ」

 そう憤りをあらわにするのは、かつて会社の中枢である経営企画部に在籍した50代のベテラン社員A氏だ。転職も考えたが、ローンが残る自宅、大学受験を控えた娘、そして同居する80代の両親―そうした状況を踏まえると、会社に残る決断しかなかったという。

 昨年発覚した東芝の不正会計事件。水増しされた利益はわかっているだけで2300億円にのぼる。

 2016年3月期決算は7100億円の赤字の見通し。創業以来の危機に突き当たり、東芝はリストラと事業の切り売りに走っている。

 2015年10月、室町正志社長は自身が工場長も務めたことがある画像用半導体の主力・大分工場をソニーに売却。12月には家電・半導体部門を中心に1万1000人の社員削減を発表した。3月17日には、東芝の「顔」である白物家電事業を中国家電大手「美的集団」に売却することが明らかになったばかりだ。

 前出・A氏は不正会計の発覚以降、職場は一変したと語る。

「この数か月、どんどん同僚が辞めていきました。早期退職に応じた人には割増の退職金が出るから、優秀な人材ほど『これを機に』と出て行ってしまう。研究職だった同期は早々と大学に再就職しましたよ」

 30代営業職のB氏の証言。

「うちの部門でも40人中10人くらいの先輩が会社を去りました。リーマンショックの時を上回る赤字ですから(2009年3月期で3988億円)、もう先はないかも」

 とはいえ、「まだウチは恵まれているほうかも」とA氏は言葉を継いだ。

「退職金は50代前半なら通常の3000万円弱に上乗せがあって5000万円くらいにはなりますからね」

 経営危機の会社としてはたしかに恵まれているようにも見える。

※週刊ポスト2016年4月8日号