シャープは、除湿、加湿、空気清浄機能を1台に集約、5つのセンサーで自動コントロールするプラズマクラスター除加湿空気清浄機を4月21日から発売すると発表した。品番は「KC-GD70」。価格はオープン。

 同製品は、「ホコリ」「ニオイ」「湿度」「温度」「照度」の5つのセンサーの働きで、1台で部屋の状況に応じて除湿・加湿・空気清浄の自動運転を行う。例えば、春から夏にかけては、人のいる日中など部屋が明るい時は花粉やPM2.5などを集じんする空気清浄運転を行い、夜間はカビの増殖抑制や部屋干しの湿気を取る除湿運転に自動で切り換わる。他にも、部屋干し衣類の生乾き臭をプラズマクラスターイオンで抑えながら、大風量の除湿運転ですばやく乾燥ができる「衣類乾燥モード」を搭載。

 さらに、空気清浄機として遠くのホコリも引き寄せる「スピード循環気流」を採用。静電HEPAフィルター、脱臭フィルター、ホコリブロックプレフィルターの3つのフィルターで集じん・脱臭を行う。