『東急プラザ銀座』のオープンで盛り上がりを見せている、数寄屋橋交差点付近。なかでも、コリドー街はいい意味で銀座らしからぬフランクさがあり、常に多くの人が訪れている。

しかし、そんな謙遜を横目に、今回注目したいのはコリドー街近辺の小道や路地裏、上層階に潜む名店の数々。知っっているだけで胸を張れる、銀座のディープスポットへご案内。



素揚げした桜海老の炊き込みごはん。他に、じゃこ山椒、卵かけごはんから選択できる
蟹、鮑、黒毛和牛etc. ごちそう尽くしの贅沢コース『和食 ひまわり』

ひまわりが描かれた看板を目印に入店。金と銀の折敷が並ぶ席に着くと、カウンター内の厨房から、期待が高まる香りが漂ってくる。

まず供されるのは、インパクト抜群の毛蟹を丸ごと使った前菜。この後も、特別感溢れる食材を惜し気もなく使用した数々が供される。おまかせコースのみ全7皿(¥12,000)。ベテラン職人である吉田直行氏の卓越した技と、女性オーナーの繊細な心遣いが心地いい。



流氷明けの毛蟹を使った逸品。器に見立てた甲羅の底には、蟹味噌がたっぷり



生雲丹を添えた鮑と黒毛和牛のサーロインの焼き物。田舎味噌と野菜で作る自家製味噌が決め手に



内観




カウンター内にある大きなおでん鍋。澄んだ出汁に多彩な種がお行儀よく並ぶ。ひとつ¥300〜400が中心
おでんと開運を目当てに“出世街道”に銀座ツウが集う『ぎんざ 魁』

“大人の止まり木”を絵に描いたような店。ビルの谷間を通り抜ける縁起のいい名の路地から、優しい出汁の香りが漂ってくる。カウンターメインなので、ひとりでふらりと訪れるにも心地いい。

看板メニューの京風おでんは、定番の大根や玉子から豚足や三陸産かきといった珍しい種まで25種類前後。人気を二分するうどん同様、浸み込むような出汁にホッと癒される。夕方から明け方前まで、幅広い時間帯に出迎えてくれる懐の深さもうれしい。



風水の第一人者で、ナ發縁起物 と言われるDr. コパ氏が監修する「金運おいなりさん」1個¥300。評判が評判を呼び、今ではこれを目当てに訪れる客も多い。テイクアウトも可能なので、差し入れや手土産にも最適



内観




注文後に、およそ2kgの塊から丁寧にスプーンで削いで盛り付ける「本まぐろの中おち」¥1,080
御品書きは1000円以下 素材を生かした頷く旨さ『魚河岸 佃喜知』

創業40年、2008年に現在の場所に移転した。71歳になった初代小林次寛氏が引退し、現在は2代目の娘夫婦が切り盛りする。

毎日、経木に手書きされるお品書きは、刺身、焼物、煮物、酢物、揚物など50種類以上。その最初を飾るのが、自慢の「本まぐろの中おち」だ。上質なものを安く提供できるのは、長年の付き合いがあるからこそ。昔からの常連のほか、ここの料理の虜になった女性のひとり客も多い。



甘辛い味付けで、ふっくらと煮込んだ「いわしごぼう煮」¥864。梅干しの酸味がたまらない。アルコールは、ビールのほかに、日本酒や焼酎、ウイスキーをそろえる



内観


まだまだ続く、コリドー近辺の名店たち!



アルマーニ横の超大衆酒場!『地酒処 舟甚』

地酒とホッとする料理 肩ひじ張らない大衆酒場


「うちは変わんないんだけど、周りがどんどん変わっていくんだよね」と店主。

その言葉通り、今年で43年目を迎える大衆酒場。全国の日本酒(¥630〜)を取り揃えており、週替わりのレアな日本酒も必見。店主が書く1000文字近い解説も見物だ。牛すじ煮込み¥750、アンチョビ入りポテトサラダ¥610は必食。



内観




コロッケそば。見た目のかわいらしさも人気の理由。甘めで濃厚なツユとよく合う
名物の必食!コロッケそばよし田『そば所 よし田』

これがコロッケ? 銀座名物のそばがコリドー側に移転


明治18年創業のそば所。2016年の2月に7丁目から移転し、コリドー街そばへ。名物の「コロッケそば」¥1,050は、初代店主が発案したもの。

コロッケと言うが、鳥のミンチと山芋を合わせ、素揚げしたもの。やさしい味わいが特徴で、多くの人が注文する。蕎麦前を楽しんだ〆に食べたい銀座名物の一杯だ。



人気の玉子焼き¥800。ほのかに香るダシが上品