27日、ピンク色をした「浮いている魚」が水の郷・浙江省嘉興市烏鎮西柵の景勝地にあるウォーターシアターに初登場した。

写真拡大

2016年3月27日、ピンク色をした「浮いている魚」が水の郷・浙江省嘉興市烏鎮西柵の景勝地にあるウォーターシアターに初登場した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

この作品は巨大な黄色いアヒル「ラバー・ダック」の父であるオランダの芸術家、フロレンティン・ホフマン氏がウォーターシアターの空間と環境をもとに制作したもので、「烏鎮国際現代アート招待展」における重要な出展作品の1つでもある。なお、ラバー・ダックは中国で人気となり、偽物が出回るなど大きな話題となった作品。

3月28日から6月26日まで烏鎮の景勝地で開催の同芸術展は15の国と地域から集まった芸術家40組による絵画、彫刻、写真、映像、アニメーション、行動、音声などの55セット130作品がマルチメディア方式により展示される。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/松澤)