26日、中国のポータルサイト・今日頭条は、「インドは中国を超えたって聞いたことがある?」と題する動画を紹介した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月26日、中国のポータルサイト・今日頭条は、「インドは中国を超えたって聞いたことがある?」と題する動画を紹介した。

この動画では、インドが中国に勝っている点について紹介。例えば、15年のGDP成長率がインドは7.6%で中国を上回ったこと、国土は中国の1/3だが耕作面積は中国より大きいこと、人口の平均年齢が若いこと、英語レベルが高く、ソフトウェアのアウトソーシング獲得率が高いこと、米主要500社の外国人CEOはインド人が最も多いこと、映画の質が高く米国でも人気なこと、男性の喫煙率が中国より低いことなどを挙げた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「10年もすればインドは確実に中国を超える」
「経済が分かる人なら、この先20年でインドは中国を全面的に超えると知っている」

「インドが中国を超えるのは時間の問題だ。インドには優良な制度と国際環境があるのだから」
「将来的には人口でも中国を超えると信じている」

「なんでトイレすらないようなインドと比べるんだよ!」
「今や中国はインドと比較するほど落ちぶれたという事か」

「中国には不動産バブル以外に何かあるだろうか?」
「このままいったらあと数年でわれわれの生活はアフリカと比べるようになるだろう」

「インドの汚職役人は中国ほど多くはないはず。汚職役人なら中国は世界一」
「でも中国のGDPはインドの5倍ですが」(翻訳・編集/山中)