トレンドの白からキレイめ、カジュアルまで。今すぐ手に入れたい! 春ジャケット3選

写真拡大

春の幕開けとはいえど、まだまだ朝晩の冷え込みに油断できないこの時期。さっと羽織れて、かつオシャレ度が増すジャケットは、必須のファッションアイテムのはず。そこで今回は、おすすめのジャケットを人気ショップからピックアップしてご紹介。春ファッションに取り入れて。
◆春夏トレンドをおさえるのなら、「ホワイトジャケット」をセレクト


モノトーンの着こなしは、この春のトレンドのひとつ。なかでも、白ジャケットをアウターに選ぶと、春らしい気分が盛り上がるはず。中でも、オーバーサイズなデザインは今年ならではで注目。

パンツスタイルが多い女子には、写真左の「ビーミング ライフストア」のロングジャケットがおすすめ。こちらは、テキスタイルと裾のフリンジ使いがフォークロアなテイストで、トレンド感ばっちり。スリムなボトムにはさっと羽織り、ワイドパンツやスカンチなどのゆったりめのボトムなら共布のベルトでウエストをしっかりマークすると、全身のラインがきれいに決まる。

また、この時期に欠かせないトレンチコートだけれど、ショート丈を選ぶと、コーディネイトの振り幅が広くてお役立ち。Aラインのシルエットがキレイな写真右は、「アンド クチュール」の新作ジャケット。フェミニンな印象を作るのならロングスカートやワンピーススタイルと、スタイリッシュにまとめるのならセンタープレスのキレイめパンツと合わせて。

写真)左から、「ビーミング ライフストア フリンジロングジャケット」(13608円)/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 「ショートトレンチ」(25920円)/アンド クチュール ルミネ新宿店

◆オフィスシーンを意識するなら、スマートシルエットの「ノーカラージャケット」を


春らしい軽やかさも表現できる1枚なら、「ノーカラージャケット」をチョイスして。全体のシルエットがすっきりと仕上がるジップアップタイプが、特に今年らしい。ストールやネックレスなど、首回りのアクセサリーも楽しめるのが嬉しいところ。

春らしいファッションを楽しむのなら、今季のトレンドカラーのひとつ、“バターカップイエロー”に決めて。写真左の「アンド クチュール」のジャケットは、袖口と裾の仕立てがブルゾン仕様になっていて、程よくカジュアルだから、プリーツスカートにもデニムにもはまるはず。

素材感にこだわるのなら、フェイクスウェードジャケットを。写真右の「フリーズ マート」のような優しいモカブラウンを選ぶと、落ち着いた印象ながらも全体のトーンが沈まないうえ、白のセットアップなどのワントーンコーデでもバランスが取りやすい。

写真)左から、「ジップアップ ブルゾン」(20520円)/アンド クチュール ルミネ新宿店 「フリーズ マート フェイクスウェードジャケット」(8532円)/フリーズ マート 自由が丘店

◆お花見やレジャーに活躍する「カジュアルブルゾン」


お花見やピクニック、BBQなどのレジャーシーンに欠かせないのが、「カジュアルブルゾン」。フードやミリタリーテイストなポケット付きのデザインなら、よりアクティブな印象をプラスできる。

フェミニンさをアピールしたい女子は、写真左の「アンド クチュール」のショートモッズコートのような淡いピンク色など、ニュアンスのある色味を選ぶのがベストアンサー。

一方、マニッシュなスタイルには、トレンドのMA1タイプがぴったり。例えば、写真右の「クチューム バイ フリーズ」のように細見のブルゾンを選ぶと、パンツにもスカートにも合わせやすい。袖口をふたつ折りにして手首を見せると、さりげなく女子度が高いコーディネイトにもアレンジできる。

写真)左から、「ショートモッズジャケット」(16200円)/アンド クチュール ルミネ新宿店 「クチューム バイ フリーズ MA1ブルゾン」(11772円)/フリーズ マート ルミネエスト新宿店